人物

富永啓生の妹・千尋は精華女子で苦難を乗り越えて厚い信頼を得る諦めない女性へ!【バスケ】

富永啓生の妹・千尋さん

バスケ富永啓生選手の妹・千尋さんはどんな人物なんだろうか?兄の富永啓生選手と同じくバスケをしているのか?家族構成的にデカイのかな?といった色々な疑問があるかと思います。

今回は、そんな富永啓生選手の妹・千尋さんにまつわる情報をありとあらゆるウェブの情報をまとめあげてみました!

富永啓生の妹・千尋はどんな人物?身長など簡単プロフ

富永啓生選手の妹・千尋さんといえば、気になるのは身長。富永啓生選手が188cmで父親の啓之(ひろゆき)さんが211cm。

であれば、妹の千尋さんも180cmくらいの身長があったりするのかという点。

結論としていえば、千尋さんは父親の遺伝子を受け継いだという事はなく、母親の瞳さん(156cm)を受け継いだようで、”160cmとなっています!

富永啓生選手の彼女より少し低い感じです。→ハンナさんの身長を調べたものが以下の記事にあります。

富永啓生は彼女と別れた?ハンナと破局の噂も最新インスタに二人が一緒に映ってる!

父親の啓之さんと瞳さん、千尋さんがいる最新のXの投稿を載せておきます!

という感じで、なんか可愛いw瞳さんに似てる感じ満載ですね!

そして、バスケファンならこの身長から察する事ができるでしょう。ポジションですが、”ガード”となっています。

補足情報として、中学校などの情報も載せておきます!

  • 星座:ふたご座
  • 出身地:愛媛県
  • 血液型:AB型
  • 中学:守山中学
  • 高校:福岡精華女子高校

大々的に有名人という訳ではないので、詳しい詳細などはありませんが、千尋さんの情報としてあるのは上記にある通りです。

千尋さんの情報を見ていると精華女子高校のメンバー欄に守山中学と書いてあります。この守山中学のバスケの実力ってどれくらいなんだろう?強豪校なのかな?と思い調べてみました!すると、驚きの事実がわかりました!

富永千尋が通ってた守山中学校のバスケの強さが半端なかった!

富永千尋が通っていた守山中学校のバスケの実力が半端ないという事ですが、近年の成績はというと、そうでもなく全国中学校バスケットボール大会の欄には一切名前はありません。

しかし!過去の成績を見てみると、驚愕の成績を残していたりします!

1980年~1987年の間で8連覇を達成!

この8連覇達成時のうち5連覇の監督は、井上眞一監督

井上眞一井上眞一さん

この井上眞一さんは桜花学園を何度も優勝させている類い稀な指導者です。井上眞一さんはスラムダンクでいう所の安西先生でいうと、ブラックへアードデビル時代の安西先生ではなく、ホワイトへアードブッダの時期に近い指導でした。

その指導方針は、とても素敵なものとなっています。

「当たり前ですが選手は勝つための道具ではなく、一人の人間として大切にしたい。バスケットを好きな子たちがうちに来るので、絶対にこの子たちがバスケットを嫌いにならずに、好きなまま卒業して次に進めるようにするそれが私の一番のポリシーです。高校はあくまで、大学やWリーグへの通過点に過ぎませんから」

引用元:月間バスケットボールweb

この井上眞一さんの指導のもとなら、富永千尋さんは今の実力よりももっと凄い事になっていたかもしれませんね!

ただ、富永千尋さんはバスケを辞める事なく、福岡のバスケの強豪精華女子高校へ通う事となります!

この精華女子高校のバスケもどれくらいの強さなのでしょうか?

富永千尋の通う精華女子高校のバスケの強さもエグい!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

精華女子高校バスケットボール部 【公式アカウント】(@seika.basketball_piranha)がシェアした投稿

富永千尋さんの通う精華女子高校のバスケの強さも相当なものでした!

  • 平成21年:ウィンターカップ全国ベスト16
  • 平成22年:インターハイ全国ベスト8
  • 令和元年:インターハイ、ウィンターカップ出場→両方でベスト8進出
  • 令和5年:全九州高等学校バスケットボール競技大会優勝

常に全国レベルの実力を備えている精華女子高校へと進学しているという事がわかります!また、この精華女子高校は数多くの女子プロバスケ選手を排出している高校でもあります。

  • 岡山華織 金原沙織 金原彩姫 津野彩華 林咲希 瀬山楓という感じで6名ほど輩出しています!

プロに行くような選手が入部しているということもあり、バスケ部内でも切磋琢磨してしのぎを削っているということも想像できます!

ただ、富永千尋さんはそんな強豪の中で激しいプレーがあり、その影響なのか怪我をしてしまった事があります。

富永千尋の精華女子バスケエピソード!【苦難と感動】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

精華女子高校バスケットボール部 【公式アカウント】(@seika.basketball_piranha)がシェアした投稿

富永千尋さんは、精華女子高校というバスケの強豪校へ通うことになりますが、世界的な病気が蔓延している状況ということもあり、全国大会でプレーをする事はありませんでした。

また、そんな状況の中に不慮の事故が千尋さんを襲います。2023年5月左膝の前十字靭帯を損傷。

富永千尋さんは2023年時点で3年生です。学期的にいうと丁度3年生になり最後のインターハイやウィンターカップに臨む時期となり、選手としては絶望的な状況、

そんな不慮の怪我の中、富永千尋さんは精華女子バスケ部を”影から支える存在”となります。

マネージャー”。富永千尋さんは2023年12月中旬からプレーを再開するまで裏方としてチームを支える良き先輩とります。

マネージャーになった背景には兄・富永啓生選手の言葉があったかもしれません。

富永千尋さん
富永千尋さん
お兄ちゃんもけがをしている中で、アメリカに行ってメンタルが変わっていた感じで。自分もそういうところに刺激をもらった。

富永千尋さん自身は兄から刺激を受けたという事ではありますが、同級生の3年生は、彼女の今の姿を見て、今までやってきた仲間としての姿や努力を見てきたはずです。誰よりも悔しい事を仲間は知っているはずです。

そんな富永千尋さんの姿を受けて3年生しかり。2年生も刺激を受けないはずがありません。その努力をみんな知っていた。

だから、こんな事が起こります。

2023年の全国高校選手権ウインターカップ、女子1回戦の精華女子と千葉経大付の一戦。点差は12点で残り33秒。精華女子高校は残り時間も考えて負けるゲーム。大抵の人は点差から考えて諦めます。

そんな中、投入されたのは背番号18の富永千尋さん。

富永千尋さんは懸命なディフェンスからボールを奪い2点を入れる事が出来たのです!見てる誰もが内心諦めるような場面でも、彼女は全力でプレーして2点を取る事ができたのです!

NBAではこんなプレーがあったりします。ロケッツに在籍したトレイシー・マグレディが第4Qで奇跡の逆転劇を演じた事があります。しかも、ほぼ同じ35秒です。

富永千尋さんがこのプレーを知っているのかわかりませんが、この時に得点したのが13点です。ということは、精華女子高校は負けてしまったものの、もしかすると千葉経大付に逆転できていた可能性もあったという事です!

可能性は0ではないという事全てを全力でやってダメなら諦めがつきます。この諦めない姿勢が、千尋さんの未来を開いてくれるでしょう!

アメリカに家族と行っているので、ハンナさんに会って色々と刺激を受けてアメリカに行きたい気持ちも出ているかもしれませんね!

【バスケ】富永啓生の結婚相手は外国人のハンナで秒読みか?両親とも仲睦まじい姿が!

これからの千尋さんにも期待です!

関連記事!