社会・生活全般

白井一行球審にやめろの署名でクビにできるのか?解雇にできない理由

白井一行にやめろの署名活動でクビになるのか?

白井一行球審について、未だに根を持っている人も多いようで、SNS等でやめろと言った声やクビにできないのか?署名活動をしたいという声がチラホラ上がっています。関係者ですら、疑問符を投げかけています→白井審判に対する落合博満の考え

白井一行球審にやめろという署名活動でクビ・解雇にする事はできるのでしょうか?

白井一行球審にやめろの署名活動は意味があるのか?

結論としていうと意味はあります。ですが絶対にできるとも言えないというのが現状です。なぜ絶対にできないのか?というと、法律的な観点からは難しいからです。

木下富美子都議が事故を何度も起こしてやめろと言われていました。その時は、法律的な観点からリコールをする事が可能でした。詳しい内容を知りたい方は木下富美子都議の条件次第でリコール可能の記事をご覧ください。

ですが、今回の白井一行球審については、具体的にどれくらいの数字が必要で…といった事がありません。なので、100%できるとは言えません。

しかし、絶対ではないと言える理由があります。

これもまた記憶に新しいところですが、東京オリンピックの会長森喜朗さん。女性蔑視ともとれる発言をして話題になりました。のちに、橋本聖子さんになりました。

その時も国の行事でありながらも、木下富美子都議と同じような条件がなかったにも関わらず署名活動の結果、事態を重く捉えた政府は森喜朗さんを解任しています。当時は15万人ほどの署名が集まりました。

という事は、今回もそれくらいの署名が集まれば大丈夫なのか?という事ですが、そういう訳でもありません。

森友改ざん問題です。赤木さんの奥さんが再調査を求めるという事で、署名をした結果35万人ほど集まりましたが、再調査が行われませんでした。こういう観点から絶対に署名活動が活きるという事ではないという事です。

白井一行球審にやめろといった署名活動自体は意味があるということがわかっていただけたかと思います。

では、実際に白井一行球審にやめろといった声を届けるにはどうしたらいいのか?

白井一行球審にやめろ!クビ・解雇にする署名活動を行うにはどうするのか?

では実際に、白井一行球審にやめろという署名活動を行うにはどうすればいいのか?法律的な見方をすると特に何が必要といったものは規定されていません。ですが、法律的なものに近づけておいた方が良く見えますよね?

署名に必要なものは次のものを書いておくと良いでしょう。

署名した年月日、署名した人の氏名、住所、生年月日、印鑑です。

リコールなどの署名活動を行う場合は、代筆や直筆なのかといった細かい部分を確認する必要があります。そうしておかないと罰金が課せられるということもあります。

なので、一番良いやり方は野球が好きな法律家です。近場に野球好きの方がいるとやってくれるかもしれません。わかりやすい例は、巨人ファンの北村晴男弁護士です。

しかし、署名が集まるとして審判の裁定をしているNPBに渡すとします。受理されるとしても動くのかという事が疑問なのです。内々に処理されて世論的にどうなのか?という議論がされにくいからです。

一番良い事は、プロ野球選手会に一度渡してメディアに大きく取り上げられる事が必要です。

広島東洋カープの會澤翼選手に渡して、メディアに大きく取り上げてもらいます。そうすると、事態を重く受け止めたNPBが何かしらの行動を起こす可能性があります。

過去にNPBは選手会を地位的には低く見ていました。現在は引退していますが、古田の方程式でおなじみの古田敦也さんがストライキを一度起こしていますので、選手会を甘く見る事はないでしょう。低く見るのなら選手の會澤翼選手かと…(成績悪すぎだぞ!頑張れ!)

という事で、現実的にはこういった方法が効果的ではないかと考えられます!

しかし!署名活動を行う事の是非も問いたいのが次です。

白井一行球審をクビ・解雇にしていいものか?

読んでいる人に、白井一行球審をクビにしてもいいのか?と疑問を投げかけたいところ。また、木下富美子都議について話しますが、木下富美子都議には娘さんがいました。

メディアでは取り上げられる事はありませんでしたが、木下富美子都議は目立つようなアクセサリーもしていましたので、娘さんの参観日などでも見かけられる事はあったでしょう、ということは、娘さんがイジメられた可能性もありませんか?

白井一行球審にも家族がいます。

《ギータもまねる!球界一目立つ「ビッグボイス」》白井審判員はビッグボスならぬ「ビッグボイス」でも知られる。声量は審判界No・1。しかも高音で「ストラ~イク!」と絶叫するコールは、ネット上で「アアアアイイイッッッ!」と表記される。「亡くなった天国の娘へ届けるために大きな声を出している」という都市伝説を、本人は「娘も息子も元気です」と一蹴。今キャンプでは柳田がブルペンでコールのまねを披露する一幕もあった。

引用元;スポニチ

白井球審は2022年時点で44歳。家族を養っていく必要があります。白井球審の判定は厳しい事もあり、怪訝にされることもありますし、誹謗中傷に近いものがある事も事実です。

ですが、その誹謗中傷に強い人ならいざ知らず、度が過ぎるとマエケンのような形になりかねません。→前田健太の奥さんに誹謗中傷の可能性有り

また、審判が人間だからこそエンターテイナーが生まれるというのも事実です。全てAIにすると、アウトやセーフで怒り狂う選手を見る事ができなくなってしまう事も考えられます。

なので、今回の署名活動を行う事で解雇やクビをするというよりも、処分がなかった事に対して、何かの処分を課すという事に納めておくと、白井球審も少しは大人しくなるのではないでしょうか?

「あああああぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜ーーーイ!」も楽しむ事ができなくなりますよw

関連記事!