sports

前田健太の誹謗中傷の内容はどんな風なのか?嫁が嫌われてた可能性

2022年時点でツインズに在籍しているマエケンこと前田健太投手。前田健太投手が誹謗中傷をされていて、法的措置をとっていたという事実がわかりました。

プレーする姿はとてもカッコイイですが、話す時は優しいマエケン。そんな前田健太投手が法的措置をとるくらいに誹謗中傷されている内容とは一体どういったものなのでしょうか?(地元広島で、カープファンでもある管理人からすれば、マエケンに誹謗中傷とはなんたることを…と思っています)。

前田健太投手の誹謗中傷の内容はSNSを見ると、

ターゲットはマエケンではなく嫁さんになっていたようです!

その内容とは一体?

前田健太が誹謗中傷で法的措置をとる(謝罪文コメントも)

冒頭にもお伝えしましたが、前田健太投手が誹謗中傷をされたとして、メディアに対して法的措置をとろうとしていたということを発表しています。

前田健太投手を誹謗中傷した方は文書を通して謝罪をしています。

謝罪文を要約すると次の通りです。

前田健太様のご家族様に、自分の想像と偏見で失言や暴言を吐いたことで、ご迷惑と不快感を与えたこと申し訳ありませんでした。大人としてあるまじき行動をして深く反省している。

というようなことが書かれています。

前田健太投手は優しい人なので今回の謝罪文をもって、法的措置をしないということで結末を迎えることになりました。

SNSだから何を言っても構わないというネットリテラシーについて改めて考えさせられてしまいますね。

では、前田健太投手に対する誹謗中傷の内容とはどういった内容だったのでしょうか?

前田健太が誹謗中傷で法的措置!その内容はどんな感じなのか?

前田健太投手に対する誹謗中傷はインスタを見る限りでは、何もありません。しかし、Twitterを見ると次のような内容を見つけることができました。(個人の特定はこちらではやりません。興味のある方は自分で調べてみてください)

マエケンの奥さん、喋りすぎ

私のおかげ的な人嫌い

グイグイきてなんか嫌い

奥さんが「難しい感じが読めない」とバカにしていた

というような内容がありました。

前田健太投手に対する誹謗中傷ではなくて、奥さんに対してあまり好まなしい内容のものではありませんでした。

なので、Twitterから推測される誹謗中傷の内容は、”マエケンが凄いのに、嫁さんがグイグイと出てくるな”という感じでだと考えられます。

ですが、これだけだけだと家族に被害がでそうになるレベルになるのかというと微妙なところです。

2021年に木村花さんという方が誹謗中傷を受けた事は記憶にまだ新しいでしょう。お金目的で出演したのだろうなど、他にも罵詈雑言の数々を浴びせられていました。

前田健太さん自身もメジャーリーガーで、何十億というお金を稼いでいます。奥さんもお金の事でも色々と誹謗中傷を言われたということも考えられます。

加害者の気持ちになって考えると”玉の輿に乗って、お前が偉そうにするな”という感じで言っていたのかもしれません。

ほっとけwと誰しもが思うところではあるでしょう。

前田健太投手からすれば、嫁さんのそういう所も込みで好きになって結婚したという所もあるので、本当に”ほっとけよ”と心の底から思っていたでしょうね。

とはいえ、誹謗中傷されるくらいの奥さんとはどんな感じなのか興味がありますね。

スポンサーリンク




誹謗中傷のターゲットにされた嫁さんとは?

前田健太投手の嫁さんは、旧制が成嶋で早穂さんと言います。ご存知の方も多いと思いますが、タレントや東海テレビのアナウンサーなどをしていました。

綺麗どころが多いアナウンサーさんですが、早穂さんもその類に漏れないくらいに綺麗な方です。インスタのトップ画面にはフリーアナウンサーと書かれています。(勝ち組乙)

フェリス女学院大学に通っていて、アメリカにホームステイするなど、英語に堪能な方です。

前田健太投手が独身であれば、異国のアメリカで生活するとなり言葉の壁が立ちはだかります。しかし、早穂さんがいれば、英語も堪能なので、マエケン「チーム内でこんな言葉を言っていたけど、どういう意味?」早穂「こういう意味よw」という感じで会話していたかもしれません。

前田健太投手にすれば、専属の英語の家庭教師がいる感じだったでしょうね!

そんな奥さんですが、前田健太投手が情熱大陸に出ていた時の奥さんに誹謗中傷が出ていたようなので、調べようとするも、映像は残っていませんでした。もしかすると、誹謗中傷が元で全部削除依頼をしたのかもしれません。

他に話している映像は残っていましたので、一度見てみるといいでしょうね。

仕事中を見る限りしっかりしていて、誹謗中傷を受ける感じには見えませんね。旦那さんがいると楽しくて、嬉しくて沢山喋りたくなるのかもしれませんね。

マエケンは仕事中とプライベートで違うところにも早穂さんの魅力を感じていたのでしょう。

スポンサーリンク




前田健太は誹謗中傷より応援される方が嬉しいに決まってる

前田健太投手に限らず、誹謗中傷したところで誰も嬉しくなることはありません。好きな人と嫌いな人がいると嫌いな人に焦点ばかりいって、嫌いな人の方には早くどっかいって欲しいと思う方もいるでしょう。そういう場合はどうにもなりません。

ですが、SNSの場合であればブロック機能があります。

誹謗中傷を受ける側は、そういう機能もついているので活用するのも一つの手です。または、鍵垢を作るのは手です。

ですが、その前に前田健太投手は誹謗中傷されるよりも応援される方が絶対に嬉しいに決まってます。誹謗中傷をされる側が逆の立場でもそう思うはずです。

誹謗中傷する側は、今自分がしていることがもしも、自分ならどう思うのか?こういう事を常に意識するべきですね。

スポンサーリンク




関連記事!