社会・生活全般

クイーンの紅白は中継かテレビ?どっちなんだい!

クイーンの紅白のギャラはいくら

クイーンが紅白に出場する事になりましたが、ファンとしては”中継なのかテレビなのか”という事が超気になるところですよね!

という事で、今回はクイーンが紅白に出場する時は中継になるのかテレビ出演するのかについてあらゆる情報をもとにまとめてみました!

クイーンの紅白は中継かテレビ?どっち問題

クイーンの紅白出場は中継なのかテレビなのか?NHKの予算やクイーンの日程などをみるとどうなるのかが分かってきます。

実際に海外のクイーン公式サイトのスケジュールを見てみると次のようになっています。

2023年12月31日の予定が入っていません。クイーンの予定が入っていないということは来日する可能性は低いということです。

クイーンは第71回紅白歌合戦にも出場した事があります。その時は次のような事が公式サイトに書かれていました。

第71回紅白歌合戦に出場した時は、日本を代表するYOSHIKIさんやサラブライトマンといったアーティストと共に”中継”で出演しています。

なので、過去に起こった出来事を考えると第74回紅白歌合戦に出場するクイーンも”中継”で出演することが可能性としてかなり高いことが伺えます。

しかし!ここで重要な点があります。第71回の時は世界的パンデミックが起こっていた状況があります。つまり、第74回の紅白歌合戦にクイーンが来日する可能性もある!ということです。

クイーンほどの超有名なスーパースターが来るはずないwと思われるかもしれませんが、そんな事ありません。過去には世界で大ヒット中だったレディーガガといった大物アーティストも登場していました!

このような背景もあり、クイーンが絶対に紅白歌合戦の為に来日しないということは考えにくいのです。

とはいえ、クイーンが紅白歌合戦に来日する際に懸念点もあります。

クイーンが紅白に出演する際の懸念点は2つ

クイーンの正月のスケジュールは書いていなかった事を踏まえると、出演の際の懸念点は2つになりそうです。

  • 紅白の歌唱時間を平均すると1曲
  • ギャラ

この2つについて詳しくみてみましょう!

紅白の歌唱時間

紅白歌合戦は出演者が全員持ち歌を全て歌うわけではありませんよね?特別枠やトリといった人たちが歌うというパターンがあります。

今回、クイーンは特別枠という事になるので1曲歌うという事にはなりそうです。そして、ここで問題。果たして…クイーンが1曲の為だけに来日するのかという事です!

1曲の為だけに1日来日して帰国する。そんな労力をしてまで来るのか?という事です。そうなれば、やはり中継という線になりそうです。

そして、もう一つのギャラです。

クイーンの紅白出演ギャラ

クイーンが紅白歌合戦に出演したらどれくらいのギャラになるのかです。過去に紅白に出演したレディーガガは普段のギャラだと何千万や何億のギャラを支払って出演することが普通です。

紅白歌合戦に出場した際は日本での知名度アップの為なのか780万円で受諾しています。

大物アーティストですら1000万円を下回るギャラです。となれば、クイーンも同じようなギャラで出演させられる可能性があります。

もっと詳しくクイーンのギャラについて書いている記事はこちらクイーンの紅白のギャラはいくら?出演料をレディーガガなどの海外アーティストと比べたら4桁万円

紅白2023年の司会者の有吉弘行さんのギャラについて書いているこちら有吉弘行の紅白のギャラはいくら?歴代司会者とNHKの関係を混ぜ合わせた結果がこちら

という事で、最後にまとめてみます!

まとめ

クイーンの紅白は中継かテレビなのか?どっちなんだい!という事で、箇条書きにして民主的にいこうと思います。

  • 第71回で中継→前例に習うと中継
  • 紅白の1曲だけの為に来日する→合理的に考えて中継
  • 海外の大物アーティストのギャラも安くなる可能性→だったら中継でもよくないか?

という事で、どこをとっても”中継となる可能性は高い”でしょう。

ただ、クイーンと言えば、超超超がつくほど往年を彩った海外アーティスト。「we will rock you」といった名曲などがあります。(私はdon’t stop me nowが好きです)

Z世代には知られていませんが、30〜50歳以上の人であれば、クイーンは聞いた事のある名前でしょう。

富も名誉も得てきた人達です。

最後は、お金よりも色々な世代に俺たちの名前を知ってくれ!という思いで生出演サプライズという事もあるかもしれません!

楽しみに待ちましょう!

紅白のジャニーズの代わりのグループは誰でどこになる?イケメンで踊れるアーティスト【予想】

ハラミちゃんが紅白になぜ出演?理由はNHK視聴率と若年層獲得か

関連記事!