社会・生活全般

田口翔のネットカジノで違法か合法か?逮捕の可能性がある!

田口翔

4630万円の給付金の利用を巡って、一般人の田口翔さんがネットカジノに使ったという結末を迎えています。結局、借金はしていないけれども、ギャンブルに利用していた事が判明しています。日本では公営ギャンブルは存在していますが、ネットカジノというギャンブルは公営ギャンブルには入っていません。

日本で利用したのに、ネットカジノは違法にならないのか?合法になるのか?という素朴な疑問はありませんでしたか?

過去にネットカジノを利用した人が逮捕されています。田口翔さんが今後逮捕される可能性も出てきています!

田口翔がネットカジノに使用!違法なのか?合法なのか?

田口翔さんがネットカジノにしようしたという事を伝えています。

その使い道はネットカジノ。インターネット上で実際のお金をかけるものだ。町の関係者によると、「ネットカジノを利用して4,630万円全てを使い切った」と説明しているという。

引用元:FNNプライムオンライン

田口翔さんは結局ネットカジノに利用していたという事で、ギャンブルだったのかい!という事でしたね。借金はしていないと言っていましたけど、ギャンブルするタイプだったとは…という事で、当管理人の推理は当たっていた模様です。→田口翔は何に使ったのか?

冒頭でもお伝えしましたが、日本ではネットカジノは違法になるのか?合法になるのか?ということですが、結論から言えば今のところグレーなところと言えます。

というのも、日本の刑法185条と186条に次のような事が書かれています。

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。

賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

引用元:wikibooks

この法律を元に考えると、違法となります。

賭博をした者は(田口翔)さんはネットカジノ利用の為に常習的に利用していた可能性は高いですよね?ですが実際のところ、”カジノ”であって、”ネットカジノ”ではありません。

過去にネットカジノで違法となった例でも賭博者が逮捕されたことはありません。運営元が日本で運やっていた事が違法とみなされて逮捕されたというケースは存在しています。

しかし、警察側は利用者の方を賭博者という事で逮捕するつもりでいたということもあり逮捕されている事例もあります。

自宅のパソコンから無店舗型のインターネットカジノで賭博をしたとして、京都府警は10日、賭博の疑いでコンピューター部品製造会社経営の男(65)ら埼玉県と大阪府の利用者の男3人を逮捕した。
 府警によると、無店舗型のネットカジノの利用者の逮捕は初めて。カジノサイトは拠点が英国とみられるが、日本人がディーラーで、日本時間の夕方から深夜に開かれており、日本国内の客に向けた違法賭博と判断し、客の立件に踏み切った。
 3人は容疑を認め、「海外サイトなら大丈夫だと思った」などと供述している。
 逮捕容疑はことし2月18日から26日、会員制カジノサイト「スマートライブカジノ」で、ブラックジャックのゲームに現金計約22万円を賭けた疑い。

引用元:産経フォト

この時は海外のサイトなら大丈夫という事で、利用していたようです。確かに海外にあるオンラインネットカジノであれば、店舗が海外にあるので大丈夫という感じです。

しかし、これがに日本にある無店舗型タイプのカジノで利用していたという事になれば、賭博者である、田口翔さんが逮捕される可能性は否定できません!

また、田口翔さんは給付金の4630万円という多額のお金を利用していた事や、事前に怪しいお金が振り込まれた事がわかっていたにも関わらず利用しています。

結構危ない橋を渡っています。

田口翔さんが逮捕される可能性は普通にありそうです!

関連記事!