人物

石丸伸二が東京都知事選に当選する可能性はない?不安要素にあの人物!

石丸伸二の東京都都知事選で当選する可能性は

石丸伸二さんが東京都知事選に立候補する事が決まりました。その中で、石丸伸二さんは東京都知事選に当選する可能性は一体どれくらいあるのだろうか?と気になるところですね。

石丸伸二が東京都知事選に当選する可能性について、色々な情報についてまとめてみました。

石丸伸二が東京都知事選に当選する可能性はない?


石丸伸二さんが東京都知事選に当選する可能性はないと考えられます。

なぜ、石丸伸二さんが東京都知事選に当選しない可能性が高いと言えるのか。

石丸伸二さんの経歴や実績、過去に発言した内容について見ていきましょう!

石丸伸二の経歴が東京都都知事選で当選に繋がる?

石丸伸二さんの経歴の一部をご覧ください。

広島県安芸高田市吉田町に次男坊として、年収400万円弱の家庭に生まれる

そして、東京都の20代〜40代(男女)の平均年収を見てください。

327万2900円〜640万9000円

普通の家庭に生まれてきていて、そこまでかなり裕福といった生活でもなかった。

東京都は物価が高いですよね。なので、東京都の中でも裕福ではない層からは相当支持されると考えられます。

令和6年1月の20〜50代の総数は7,394,201人います。

後述しますが、上記の数の人の2分の〜3分の1で当選する可能性が高まります。

更には、国民の立場にたってよく漫画の話が出てきます。政治に関わる人たちは市民とは違ったような側面があります。

石丸伸二さんは、生涯で漫画を2万冊以上読むほどの漫画愛読家。お堅い銀行マンにや政治家には似合わない面を持ち合わせています。

このような庶民的な部分も東京都民から支持される面となりえます。

石丸市長の安芸高田市の実績では都議当選は必至

石丸伸二さんは、安芸高田市でかなりの部分で実績を挙げています。

給食無償化

安芸高田市を赤字から黒字

  • 2018年度:ー11億9000万円
  • 2019年度:ー4億5000万円
  • 2020年度:ー7000万円
  • 2021年度:1億9000万円
  • 2022年度:7億3000万円

安芸高田市の知名度を上げてふるさと納税を2億から4億に

二元代表制を市民にわかりやすく世に伝えた

特筆すべき点は、無駄な部分を排除した政策の部分でしょう。石丸伸二さんが東京都知事になれば、元銀行マンの分析力から、ありとあらゆる部分で無駄を排除してくれるでしょう。

ちなみにですが、東京都の財政は黒字ではありますが、小池百合子氏が就任中に次のような政策をしています。

  • マッチングアプリ
  • シェルター
  • プロジェクションマッピング

東京直下型地震があるので必要かもしれませんが、マッチングアプリやプロジェクションマッピングは、本当に必要なのでしょうか?

結局自分で辞めましたが、事故りまくっていた元東京都議会議員のこういう人もすぐに辞めさせるでしょうね!木下富美子はなぜ辞めない?辞職しないなら条件次第でリコール可能な件

財政が黒字だからといって、不必要なものまで作り上げていく事は石丸伸二さんが実施することは考えられません。

今の日本にとって必要なのは、無駄な部分やコストをかけないようにする。これが必要。であれば、石丸伸二さんが東京都知事になる事は合致するところでしょう。

では、石丸伸二さんが実際に東京都知事選で当選するには一体どれくらいの票数が必要となってくるでしょうか?

石丸伸二が東京都知事選に当選する為に必要な票数

石丸伸二さんが東京都知事選に当選する為に必要な票数を過去5回に渡って調べてみました。

  • 小池百合子:2020年:3,661,371(投票率55%)
  • 小池百合子:2016年:2,912,628(投票率59.73%)
  • 舛添 要一:2014年:2,112,979(投票率46.14%)
  • 猪瀬 直樹:2012年:4,338,936(投票率62.6%)
  • 石原 慎太郎:2011年:2,615,120(投票率57.80%)

石丸伸二さんが2024年6月20日に告示されます。以降7月20日までに約200万票を超えた投票数が必要になる事が大前提になる事が考えられます。

前職だった安芸高田市長選の時は次のようになっています。

有権者数2万3696人(投票率56.98%で13502人が実際投票した人数)

8076票で59.8%の人が石丸伸二さんに投票。

安芸高田市では、前副市長との一騎打ちという事でしたが、今回は小池百合子都知事の学歴詐称疑惑で、群雄割拠の戦国時代になる様相を呈しています。

いくら、安芸高田市で功績を残したといっても、ライバルが多数になると票数も分散されます。

また、石丸伸二さんは小池百合子さんのように昔から知られている人ではありません。ある意味ぽっと出の新人です。更には、自民党のように後ろ盾がない事から”組織票”がありません。

また、石丸伸二さんが東京都都知事選に出馬するにあたって、不安要素が出てきているのです!

石丸伸二が東京都都知事選で当選できなくなる不安要素

石丸伸二さんが東京都都知事選に当選できなくなる不安要素が出てきています。

石丸伸二さんが上野千鶴子さんという方を支持しているのです。この方の何が問題かというと次の点です。

  • 結婚という制度がイヤ→実は秘密裏に結婚?(文春砲)
  • みんなで貧しくなろう発言→BMWを乗り回す
  • 上野千鶴子:離婚するにはそれだけの理由がある。妻を殴る蹴る、子どもを虐待する、子育てに関わらない、養育費を支払わない→ひろゆき:離婚した男性の56.6%は養育費を払わない 離婚した女性の86.3%は養育費を払わない

石丸伸二さんは、”言っている事とやってる事が矛盾している人を推奨されている”のです。

東京都民が知れば、こんな人を尊敬している石丸伸二さんって実はヤバイ人なの?と思ってしまいます。

なので、石丸伸二さんが東京都都知事選で当選する可能性がかなり低くなってしまうと言えるでしょう。

石丸伸二が東京都知事選に当選する可能性【まとめ】

石丸伸二さんは安芸高田市の財政状況を改善させた、銀行マン時代の分析力と実績を踏まえれば東京都知事選に当選する可能性は大いにありました。

しかし、石丸伸二さんがよく本を読んでいて女性の地位を高めたと言っていた人物はフタをあけてみると、矛盾を含む人物。

そんな人を推奨する石丸伸二さんであれば、東京都都知事選に当選させようとする人はかなり低くなってくると考えられます。

ただ、実績を買い将来を買うかは投票者次第という部分は忘れないようにしましょう。

 

関連記事!