経験談

ダサいと言われた男が何を変えたのか?自分を変えたい人へ

ダサい男

どうも。うんてぃです!

ファッションセンスがなくて、ダサいと言われた男性の方いらっしゃいませんか?私はある女性に「ダサいわね」と言われた経験があります。それを解決するには自分をかえるしかありません!行動あるのみです!現在は、私は年相応のファッションになって自信を持って街を歩いています。




昔の私のファッション

私はファッションについて興味がありませんでした。というより、他人の目が気にならなかったという方が正しいかもしれません。では、どんなファッションだったのか足元から解説していきましょう。(ちなみに仕事中は背広でしたよ!)

  • 足元:年がら年中サンダル たまに靴
  • パンツ(ズボン):ダボダボのジーパン
  • 服:年相応にあっていないようなローマ字の入ったTシャツ
  • 顔周り:ヒゲを剃ったり剃らなかったりで、清潔感がない

こんな状態だと女性にモテる要素はありませんねw

そもそも最初はそういう気持ちもありませんでしたけれど、日常的にそういう世界に触れていると自分が異質な存在という事に気づきました。今の自分と重ね合わせて見ましょう。自分と世間一般はどうなのか?という事を少し考えてみましょう。




ある事がきっかけでダサいと自覚した!

このようなダサい状況で、前職の同僚の人とご飯に行く事がありました。その人と会話をした時に以下のような事を言われました。

あんたダッサイわね。

そんな経歴で今まで生きてこれたわね。

あんたこの先結婚したり、子供できた時にどうやって生きて行くの?

本当に頭が弱いわねなど言われました。

以上のような事を言われました。結構グサグサ言われました。

私は「いやいやそんなにダサくないですよ」という風に返したのですけれど、彼女は「そういう風に言ってるからダメなのよ。あなたは自分の意見を言うばかりで、自分の意見を聞いてもらいたばっかりなのよ。聞き入れないのがダメなのよ。私の言う事を聞いてやってみなさいよ。」と言う風に言われました。

確かに親のいう事もほとんど聞いた事ありませんでした。他人の人に言われて何かをするなんてもっての他でした。そういう事を言われても平気な人間だと思っていたのですけれど、グサグサと心に突き刺さってしまいました。そこまで言われた事がなかったのも影響があったかもしれません。人間の心理と言いますか、私が素直なのかもしれないですけれど、”じゃあ変えよう”と思ったんですね。私もずっと自分を変えたいという気持ち自体はあったので、その気持ちと言われた事が、私を奮いたたせたのかもしれません。

スポンサーリンク




そこからとった行動は?

では、どういう風にすれば良いのだろうか?と思ったのですけれど、ご飯を食べた後に、その人と一緒にユニクロに服を見に行く事になりました。あの服が良い。この服が良い。こっちの方が色合いが良いと言う会話をしていました。男性と女性の感性が違うのか、私と彼女との感性が違うのか意見が分かれたりもしましたけども、勉強になりましたね。とにかく連れられるがままに行ったのがよかったですね。

その後に考えた事

一緒に買い物をする事がきっかけになった事は間違いありません。それからはファッションに気をつけるようになりました。どうやったら世間一般の人に年相応と思われる身だしなみになるのか考えました。私が考えたのは、とにかく他の人を見て観察するという事でした。それともう一つ、とにかく服屋や靴屋に足を運ぶようにしました。まぁ簡単な事ですねw

ただ、今までの私からすると考えられないような思考の変化です。会社に通勤する間に他の人を見て、最近はどういったファッションが流行っているのかという事を観察しました。服屋や靴屋ではどういった物があって、自分にはどういう物が似合っているのだろうか、という事を客観的に考えるようにしました。自分の感覚だと「字」が入っていたりするものが多かったので、とりあえずはシンプルなものを選ぶようにしようと心掛けました。

スポンサーリンク





本格的に実行した

やはり、人間ですから実行するのが割と時間がかかりますよね。私はとにかく変えたかったので、とりあえずシンプルな物を選びました。上はポロシャツですけれども、30代であればそこまで派手な物を着用しても変かもしれないと思い、グレーと黒をメインにして購入しました。白やだいだい色は似合うかどうかわからなかったので、自分一人で購入するのはやめておきました。下のパンツ系は相変わらずジーパンがメインでしたけれど、これ以外にも生地が良さそうな物を購入していました。

何が大事なのか?

今回の話はダサい男が外見を変えたきっかけと変える方法と実際に行ったことを話して行きました。私は自分を変えるきっかけがあったので良かったです。しかし、私以外の人で直接ダサいと言われる人は、そうそういないと思います。であれば身近な所で親や、服屋の店員さんに相談して見ると良いでしょう。それが一番の近道です。

ただし商売上手な人も中にいますよね。誰にでも「似合ってますよ~」という店員さんです。そういう時は他の店舗さんに行ってみる事をオススメします。同系列ではダメですよ。同じ教育を社内で受けている可能性がありますので。

後は、とにかく最初の内は、シンプルなデザインの物を選ぶことをオススメします。私の年代であれば、センスがない限りローマ字が入ったような服はやめておいた方が無難でしょう。今思うとダサいです。そしてサイズ的にもきっちりしたものが良いでしょう。ダボダボでも似合う人もいるかもしれませんけれども、最初の内は清潔感があり、きっちりとしたものをお勧めします。これであなたのファッションセンスが変わり、人生の色も変わっていきますよ!ではでは、ここまでご覧頂きありがとうございます。



関連記事!