芸能

ゆりやんレトリィバァのアメリカ英語の日本語訳やウケる理由は?わかりやすいがポイント!

ゆりやんレトリィバァ





お笑い芸人のゆりやんレトリィバァさんがアメリカ全米デビューを飾って話題となっています。アメリカの大人気のオーディション番組、『アメリカズ・ゴット・タレント』でのやりとりは一体どういう日本語訳だったのでしょうか?

パーフェクトな英語で審査員をとりこにしたということも言われています。

なぜそこまで、お笑いげにんのゆりやんレトリィバァさんがアメリカでウケるのでしょうか?

あのアメリカの歌姫のモノマネでおなじみの渡辺直美さんを超えたということも言われています。

今回は、ゆりやんレトリィバァさんの流暢な英語とアメリカで彼女がウケるのはどうしてなのか?という2点についてみていこうと思います。




ゆりやんレトリィバァが渡辺直美を超えた?

ゆりやんレトリィバァさんが、アメリカで大人気のオーディション番組『アメリカズ・ゴット・タレント』に出演したというニュースです!

芸名の由来を審査員から聞かれ、「私のペットは猫、その猫の名前がレトリバーなの」。流暢な英語でそう審査員に説明したかと思うと、星条旗をあしらった大胆なビキニでパフォーマンス。人気No.1ピン芸人のゆりやんレトリィバァ(28才)は華々しく全米デビューを飾った。

舞台は『アメリカズ・ゴット・タレント』。アメリカで大人気のオーディション番組で、毎回さまざまな才能を持ったアーティストが登場し、名物審査員との当意即妙なやりとりと圧巻のパフォーマンスを見せるのがお約束だ。

ゆりやんはオーディションを通過することはできなかったが、見ている人に強烈な印象を残した。特に注目されたのが、パーフェクトな英語だ。

「ゆりやんは、審査員との質疑応答こそがキモと考えて、7時間も前に会場入りし、通訳や現地メディア関係者を巻き込んで、“模擬会見”を開きました。よい予行演習になったのか、本番では自己紹介の時点で観客の心をつかむことに成功。会場全体がゆりやんの味方になっていました」(テレビ局関係者)

過去に、海外進出を成功させた日本のお笑い芸人といえば、PPAPの動画が1億回以上再生されたピコ太郎(45才)がいるが、渡辺直美(31才)のインパクトの方が大きいかもしれない。ビヨンセのモノマネでブレークした渡辺は、ニューヨークやラスベガスでもパフォーマンスを披露して人気を博した。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

ゆりやんさんはアメリカの審査員の感情をつかむことが全米デビューへの近道と考えたようです。

2017年12月11日に日本テレビで「女芸人No.1決定戦 THE W」の決勝まで勝ち進み見事に優勝を飾った過去をもっています。

観客の心や審査員の心をつかむのはお手のものでしょう。

ゆりやんレトリィバァさんをそもそも知らないという人もいるかもしれませんので、まずは簡単なプロフィールをまとめておきます!

ゆりやんレトリィバァのプロフィール簡単まとめ

ゆりやんレトリィバァさんは、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属するピン芸人芸名で、

本名は吉田有里(よしだゆり)といいます。また、お笑い芸人にも関わらずアイドルグループ吉本坂46のメンバーにも所属しています。(笑)

1990年11月1日生まれの現在28歳(2019年時点)で、奈良県吉野郡出身のB型です。

また、彼女は結婚をしておらず未婚です。

そしてゆりやんの英語が凄い理由ですが、過去には3か月ほどアメリカ・ニューヨークに滞在していたことや、関西大学文学部の映画研究会で洋画をみて英語を勉強されていたこともあるのです。

関西大学を卒業されているということで頭の回転も良いんでしょうね!3ヶ月もあれば英語を話す要領もつかめるでしょうからね。

では実際に、ゆりやんさんが英語を話している様子を見てみましょう!

ゆりやんレトリィバァの英語の日本語訳と動画

ゆりやんレトリィバァさんが英語で話されている内容の日本語訳と動画のリンクを貼っておきます!

動画はこちら

ゆりやんさんは、お笑い芸人女性ピン芸人No1の本領を発揮されて、

しっかりと英語で受け答えをしてアメリカ人の心を掴んでいますね!

ただ、話している内容はそこまで難しい内容ではありませんよね?

なぜそこまでアメリカの審査員の心をつかむことができたのでしょうか?

スポンサーリンク





ゆりやんレトリィバァがアメリカでウケる理由

お笑い芸人の「パックンマックン」でおなじみの、パトリック・ハーランさんが日本とアメリカの笑いの違いについて語っていますので、

ゆりやんさんがアメリカでウケる理由を考えてみました!

ちなみにピンクのTシャツを着ている方です。

まず1つ目は、ユーモアの型です。漫才はもちろん、日本のお笑いのほとんどはステージの上に2人立ちます。そして、コントをし、2人はボケとツッコミに分かれます。アメリカにも、昔はこの型の多くのお笑いコンビがいました。例えば、ローレル&ハーディーや、アダム&カステロや、ブッシュ&チェイ二―(ブッシュ元大統領と、チェイニー元副大統領)です。最後は冗談です。

しかしもう、お笑いコンビは多くありません。ピン芸人か、一発屋が一般的です。私は、お笑いが想像よりずっと難しいことに気が付きました。違う文化のなかでお笑いをすることや、違う言語でお笑いをすることは、これまでやってきたことのなかで一番難しいことでした。あなたは戸田奈津子さんを知っていますか? 彼女は、とても多くのハリウッド映画を担当してきた翻訳者です。彼女は、日本では最も有名な副題制作者として有名です。

彼女は私に、テレビ番組のなかでこう言いました。「お笑いを翻訳するのが最も難しいんです。ほぼ不可能に近いです」「パトリック、毎日もがきなさい!」。私はこう返しました「もちろんです。今日もお笑いの世界をもがいてます」。

私は、日本やもしかしたらほかの国でも通用するかもしれない、面白くなるためのパターンや型を習いました。そのパターンは、アメリカのそれとは違っていました。

具体的には、アメリカのお笑いには3つの基本形があります。政治的なネタ、性的なネタ、そして、田舎者のネタです。時々、奇跡的にそれらが一緒になることがあります。ビル・クリントン政権のことです。3つの条件が完璧にそろったネタです。

しかし、日本ではこれらのネタは規制されています。性的なジョークを言ってはいけません。政治的なジョークもダメです。これらのネタを生業とする芸人は、非常に少ないです。彼らは、小さなステージで、観客を前にしてネタをします。テレビに出ることはありません。その理由は、後ほどご説明します。

引用元:logmi

パトリックさんはアメリカのお笑いの型について解説されています。

アメリカではピン芸人や一発屋であること。そして政治的なネタ、性的なネタ、そして、田舎者のネタというものがあるようです。

かくして、ゆりやんさんの今回のオーディションはというと…

ピン芸人、日本からきた田舎っぽい感じ、そして服装がキワドイ、というものが当てはまるようです!

ただ、この3点だけが理由ではないと思います。

私は一回youtubeで松本人志さんがアメリカのお笑い界に挑戦するという企画を見たことがあります。(電波少年だった気がします)

日本ではダウンタウンの松本人志さんと言えば、お笑い芸人の中ではNo1というくらいの人ですよね?

そこではアメリカ人に見せるお笑いの映画を撮影して上映していましたが、ほとんどがウケていなかったのです。

日本ではウケそうなのにアメリカではウケていませんでした。

私が見ていて感じたことは、複雑な内容よりもシンプルで身近でわかりやすいものがウケているのではないかと分析していました。

今回の、芸人ゆりやんさんはどうだったでしょうか?

ゆりやんさんが尊敬する人は、父親、母親ときて、次は審査員の男性では?と思われたところで隣の女性と答えています。

その返答は審査員の男性が求めたものではなかったかもしれませんが、凄くわかりやすいジョークでした。

わかりやすいというのがポイントだったのではないかと思いますね。

ゆりやんレトリィバァのアメリカでの出演に世間は?

スポンサーリンク





ゆりやんレトリィバァのアメリカ英語の日本語訳やウケる理由は?ストレートなところか! おわりに

ゆりやんレトリィバァさんのアメリカ日本語訳をご覧頂いたかと思います。最初はへんてこりんな格好をしていましたが、その中はキワドイ格好をしていました!インパクトは十分に与えられました!

そして、次は審査員への流暢な英語で簡単な会話をしています。日本でもあるような日常会話です。

ただの会話でも、わかりやすく相手に簡単にストレートに返したということがアメリカでウケた理由でしょう。

2019年の今年はTVにも沢山でていますからね!飛躍の年になりそうです!



関連記事!