芸能

草刈民代の自宅住所や経歴は?兄弟や大学(最終学歴)可愛い綺麗な画像を調査!

草刈民代





テレビでも現役で活躍している女優の草刈民代さん。その草刈民代さんは年齢を重ねても変わらずに綺麗ですよね。今回はその草刈民代さんの自宅住所や経歴、兄弟や大(最終学歴)を調べてみました。

あの変らない綺麗な草刈民代さんが高学歴で大学も良かったら非の打ち所がない女性になりますね!




草刈民代がもしもツアーズに参加!

草刈民代さんは2019年7月13日のもしもツアーズに出演されます。年齢を重ねても現役でお仕事をされています。『もしもツアーズ』に参加している草刈民代さんを見てもこれまで変わらないくらいにお綺麗です!

また、もしもツアーズ以外に旅サラダにも出演されています。どこかしらのテレビ番組に出演しているイメージです。これもひとえに、草刈民代さんの人間力が素晴らしいんでしょうね。人柄が良くないとテレビに出なくなってしまったりしますからね。

スポンサーリンク





草刈民代の自宅住所や兄弟は?


草刈民代さんの自宅住所ですが、住所までは特定するまでには至りませんでした。しかし、自宅の内部についてはバラエティー番組に放送されたことがあります。

草刈民代さんの自宅ですが、2016年3月28日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』で、旦那で映画監督の周防正行さんと出演した時に
公開されています。

草刈民代

都内の一等地に住んでいたのですが、広いですよね。そして豪華!画像はリビングだけのものですが、相当広いものでまさにセレブ?!という感じでした。また、草刈民代さんの実家は新宿にあると言われているので、そこから近い場所にあるかもしれません。

そして、草刈民代さんの兄弟ですが、草刈民代さんと同姓の草刈正雄さんがいます。この方が兄弟なのでは?ということがごく稀にささやかれます。しかし、全くの別人です。

草刈という名前の姓のルーツは岡山県北東部の美作というところからきています。もしかすると、同姓なので遠い昔に岡山で親戚だった人が東京に流れついた可能性もありそうです。昔は家系図などがあったので、どちらかの家の家宝にあれば、遠い親戚関係だった!なんてこともわかるかもしれませんね。

スポンサーリンク




草刈民代の経歴や大学(最終学歴)

名前:草刈民代(くさかりたみよ)
本名:周防民代(すおたみよ)
生年月日:1965年5月10日
年齢:(2019年時点54歳)
出生地:東京都新宿区
身長:168cm
職業:女優、元バレリーナ

草刈民代さんの経歴や大学についてですが、川村小学校・中学校を卒業して、川村高等学校を中退しています。その後札幌五輪のジャネット・リンに憧れてバレエを始めます。

1973年に、小林紀子バレエアカデミーに入って、1981年、牧阿佐美バレヱ団に参加することになります。デビューは2年後の1983年。そしていつの間にか、牧阿佐美バレヱ団の主役級クラスのダンサーへと成長しています。

草刈民代さんは、1990年にはソビエト文化省招聘(しょうへい)されて海外公演を初めて行います。そして、1996年当時、世間で話題となった、『Shall we ダンス?』で初映画出演及び初主演を果たします。

その後、1997年で、第20回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞やキネマ旬報新人女優賞などを受賞して、女優兼バレリーナとしても活躍します。ところが2009年の『エスプリ〜ローラン・プティの世界〜』最終日(4月24日)をもって、バレリーナとしての現役を引退してしまいます。

その後は完全に女優業に邁進することになります。

草刈民代さんは意外にも高校を中退されていました!こんな素敵な女優さんなのに大学くらい卒業されているだろうと思っていましたが意外でした!草刈民代さんを見ていると学歴よりも、どれだけ自分の世界で、どれだけの実績をあげるかの方が大事なんだなとつくづく感じました。

一生懸命に生きていれば誰かが見てくれているということでしょう!

shallwedanaceを見てみたいと思った方はU-NEXTへ!30日間の無料トライアルがあります。注意事項をしっかりみてくださいね!

スポンサーリンク





草刈民代の可愛い画像


https://www.instagram.com/p/Bw4VdHbATcB/
https://www.instagram.com/p/Bwkm1h8hkUr/

View this post on Instagram

アヤウェアタートルをプレゼントしました。#ayawear #Repost @tamiyo_kusakari_official with @get_repost ・・・ #愛知県#一宮市 で行われた#ジャパン・ヤーン・フェア&総合展「THE 尾州」 に出演しました! 一宮市は#生地 の街。実は、世界でも有数の織物産地なのです。 今日は「#ジャパン・テキスタイル・コンテスト(JTC)2018 」で優勝した生地で作られたトレンチコートを着て#ランウェイ を歩き、その後、一宮市市長の#中野正康 さん、テキスタイルデザイナーの#梶原加奈子 さんとトークショー。 私には馴染みのない言葉だったのですが、「#テキスタイル 」とは織物や生地を指す言葉なのだそうです。 生地にまつわる色々なお話を伺いました。洋服というとどうしてもデザインの方に目が行きがちですが、実は生地あってこその洋服。「生地」という観点から洋服を考えていくと、洋服に求めるものがまた違ってくるような気がします。 トークショーの後は、葛利毛織物工業さんを見学に。生地というのは、何万本もの糸を織って作る、本当に地道な作業です。そして、生地のデザインは糸をどのように組み合わせて織っていくか、という設計図でもあり、その設計図に沿って、様々な糸を使って織っていくには、細部に渡る高い技術がものをいうということがよく分かりました。 その後は、一宮市栄にある#Re-Tail という「素材のショールーム」をコンセプトにしたお店に伺いました。とても素敵な生地があったので買っちゃいました。 トークショーで着た、#赤のツイード 、一宮市の生地で作っていただきました。とても華やかで上質な生地。 カジュアルな装いが主流になって来ている昨今ですが、このツイードスーツのようなコンサバティブな装いも、自分のものにしていきたいです。 #草刈民代

A post shared by 豊島紡なかの人 (@toyoshimabooo) on


スポンサーリンク





草刈民代に世間の声




関連記事!