sports

紀平梨花かわいい!動画・西日本編はまだか?

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯が11月9日に開催されます!

米メディアではNHK杯の「サプライズ選手!」と言われていますね。

今大会の注目選手ということで、

”かわいい”ということや、実力も気になり”西日本動画”があるのか色々見てきました。

このページでは紀平梨花の”かわいい所”や”動画”で実力もわかります!

ということで、今回は紀平梨花かわいい!動画・西日本編はまだか?と題してお届けしていきます!




紀平梨花のプロフィール!かわいいけど気品もある!

 

View this post on Instagram

 

🐳🌵 「月の光」を披露した紀平梨花 ・ フィギュアスケート女子で世界でも成功者の少ない3回転半ジャンプを跳ぶ紀平梨花は6日、新横浜スケートセンターで行われた「ドリーム・オン・アイス」に出演し、新ショートプログラム(SP)「月の光」を披露。「とても気に入っている。前からいいなと思っていて、私が(振り付けの)デービット・ウィルソンさんに提案した」という。 ・ ・ シニア転向1年目の今季から新ルールが採用されるが、トリプルアクセルはフリーはもちろん、ミスが許されないSPから投入する予定であることを明かした。「だいぶジャンプの確率が去年より上がっている。トリプルアクセルはもちろん入れていくし、4回転も練習では入っている」。 同曲は浅田真央さんが2008―09年シーズンのSPで使用。「月の光」といって真っ先に浮かぶ選手に浅田さんをあげ「ユーチューブで見たりしている」と話した。 ・ https://www.hochi.co.jp/sports/winter/20180706-OHT1T50307.html?from=rss&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter #rikakihira #紀平梨花

Milkyさん(@team_honda_hamada)がシェアした投稿 –

  • 名前:紀平梨花(きひらりか)
  • 生年月日:2002年7月21日
  • 出身地:兵庫県西宮市
  • 身長:153cm
  • 体重:秘密(情報がありませんでした!)
  • 血液型:o型
  • コーチ:濱田美栄、田村岳斗、岡本治子、キャシー・リード
  • 振付師:ジェフリー・バトル、トム・ディクソン
  • 出身校:関西大学中等部(本田姉妹と同じ!)
  • 所属:関西大学KFSC

紀平梨花選手の身長は153cmですね。

紀平梨花選手のライバルの1人、山下真瑚選手とほとんど変わりません。

山下真瑚選手は151cmです。

あまり身長が変わらないにも関わらず、4回転ジャンプを成功させています。

 

そして、その他にも女子で初のトリプルアクセルから3トゥーループを成功させています!

また、1試合で2本トリプルアクセルを成功させたのは浅田真央選手以来という、

今後フィギュアスケート界の”技のパイオニア”になりそうな予感がします!

要注目選手です!

そして、紀平梨花選手はかわいいという事を言われています。

私も気になり早速、意気込んで見てきました!(笑)




紀平梨花かわいい!すっぴん画像あり

 

View this post on Instagram

 

Heroes&Future2018in長野終了しました❗️ 最近、絶好調だった割にイマイチな演技が多かったですが、試合の練習になりました‼️✨ そして、今日は後半ミスなくできていたところでコレオシークエンスで後ろからずっこけて後転してしまいました😆❗️ですが、全然大丈夫でした‼️ 皆さんご心配おかけしました😅 そして可愛いぬいぐるみ💕、みなさんからのプレゼント本当に嬉し〜〜😍✨ いろんなスケーターの方々と素晴らしいショーに出させていただき、本当に嬉しくて楽しかったです😆 ありがとうございました✨ #heroesandfuture2018 #rikakihira #紀平梨花

Rika Kihira 紀平梨花さん(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

スイス合宿🇨🇭 #switzerland #rikakihira #紀平梨花

Rika Kihira 紀平梨花さん(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

FantasyOnIce全公演終了しました! スケーターの皆さんやスタッフの皆さんが本当に親切にご対応下さり、たくさんショーに出て色々なことを学びました。改めてFantasyOnIceに出ることができて本当に嬉しく、感謝の気持ちでいっぱいです✨ またこの経験を今シーズン活かせられるように頑張ります‼️ スケーターの皆様、スタッフの皆様、アイスショーを見に来て下さった皆様、とっても素敵なアイスショーを作り上げてくださりありがとうございました✨ そしてたくさんのプレゼントやお手紙、ご声援をありがとうございました💕 #fantasyonice2018 #faoi静岡 #rikakihira #紀平梨花

Rika Kihira 紀平梨花さん(@rikaskate0721)がシェアした投稿 –

引用元:https://geinou-scandal999.com/8077.html引用元:https://geinou-scandal999.com/8077.html

紀平梨花選手…か、かわいい!

ただ、紀平梨花選手の画像を色々見ていると、かわいいもありますけれど、

気品さというか鮮麗された感じがしませんか?

紀平梨花選手のライバル・本田真凜選手は気品というよりも本可愛いという感じがしますが、

紀平梨花選手は落ち着いた大人の女性という感じが見え隠れします。(私の第六感が!!)

フィギュアスケート選手の家は大概ある程度”お金”を持っている家柄が多いので、

紀平梨花選手もそういう家柄で、育ちも良かったんでしょうね!

という事で、次は家族に関する事で紀平梨花の妹がavexダンサーをしているという事があったので、本当なの?と思い調べてみました!

紀平梨花の妹はavexダンサーをしている?家族は?

紀平梨花の妹は紀平萌絵(きひらもえ)さんと言います。

そして色々調べているとどうやら現在は、

avexのアーティストアカデミーに通いつつ、ダンサーやアーティストになろうとを活動している、とのことです

ということで、今はまだavexダンサーの”たまご”ですね(笑)

今後はもしかしたら倖田來未さんのバックダンサーとして活躍する事もあるかもしれませんね!

それまでに倖田來未さんが引退していなければいいですが(笑)

そして、家族情報についてですけれど、お母さんは紀平美香さんと言います。

紀平美香さんは、紀平梨花さんがフィギュアスケートジュニアの頃に実力が”ある”とわかると、

自宅がある兵庫県から関西大学のスケート場がある大阪府高槻市まで欠かさず送り迎えしていて、

現在も電車で疲れてしまわないようにという事で続けているとのことです。

さらには紀平梨花選手の体調面も考えて栄養学を学んだりと、

紀平梨花選手に全てを注いでいるみたいです!

こんなに凄い選手になろうものなら、お母さんも楽しいでしょうからね!

そして、父親についてですが、まだ情報がありませんでしたので今後書いていきますけれど、

フィギュアスケートをするにはお金がかかるので、相応の仕事をしているのは間違いなさそうです。

それに関西大学なので私立!学費も高い!

フィギュアスケートの本田姉妹の父親が色々と銀行員や医者などと噂されていたので、

紀平梨花選手の父親もお金を稼げる職業についているのは間違いなさそうです!

スポンサーリンク





紀平梨花の動画・西日本はあるの?

紀平梨花の動画・西日本編を探していましたが、現在の所まだ上がっていませんでした。

11月9日にはNHK杯も始まりますので、両方ともにアップされてくればすぐに挙げます!

せっかくご覧になってくださった方に申し訳ないので、これまでの動画を挙げておきます。

私はこの動画を見て、ジャンプに違和感を覚えました。

えっ!?どこも悪くないと仰ると思いますけれど、

紀平梨花選手のジャンプは最高点に達するまでに斜めから真っ直ぐになります。

山下真瑚選手は最初から真っ直ぐな感じがします。

素人目で見て、これがジャンプの安定力に影響があるかわかりませんけれど、

紀平梨花選手のジャンプにも秘密がある気がします。

プロの方!是非とも教えてください!

紀平梨花の成績

紀平梨花選手の成績を調べてきました。

2018 オンドレイネペラトロフィー 優勝

2018 世界ジュニア選手権 8位
2017 全日本選手権 3位
2017 JGPファイナル 4位
2017 全日本ジュニア選手権 優勝
2017 西日本ジュニア選手権 優勝
2017 JGPイタリア大会 3位
2017 JGPラトビア大会 2位
2017 アジアンオープントロフィー(Jr) 優勝

2016 JGPファイナル 4位
2016 全日本ジュニア選手権 11位
2016 西日本ジュニア選手権 3位
2016 JGPスロベニア大会 優勝
2016 JGPチェコ大会 2位

2016 トリグラフトロフィー(A.Nv) 優勝
2016 第36回全国中学校スケート大会 19位
2015 全日本ジュニア選手権 11位
2015 全日本ノービス選手権(A) 優勝
2015 アジアンオープントロフィー(A.Nv) 5位

引用元:https://skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=621

小さい頃から活躍しているようですね!

フィギュアスケートで活躍するための第一歩となる全日本ノービス選手権で優勝し、

ジュニアグランプリで優勝しています。

かといって、ずっとトップをはってきたということもなく、

全日本ジュニア選手権で11位

第36回全国中学校スケート大会で19位

全日本選手権で11位など、

つまずいては起き上がってきていますね!

そういう時にきちんと見直すべき課題が見えて、次の大会では良い成績を残しています。

この課題を克服する力は紀平梨花選手の強みかもしれません。

今後の失敗も”成功のもと”となるに違いありませんね!

スポンサーリンク





紀平梨花ヨコミネ式教育法とは

紀平梨花戦は小さい頃から運動神経がよかったみたいです。

小学校のクラスリレーでは第一走者とアンカーをし、見ている人を驚かせていました。

そして、この身体能力が作り上げられたのは、通っていた広田幼稚園が特殊だったようです。

ヨコミネ式教育法。

これは一体何なのかです。

これは女子プロゴルファーの横峯さくら選手の叔父・良文さんがやっていた教育方法であらゆる保育園で取り入れられています。

その横峯の名前から「ヨコミネ」と呼ばれています。

そのテーマは「意欲」「やる気」「好奇心」 (「猪木!)

最後の猪木は違います。

自分の能力の壁・限界を決める事なく色々な事に挑戦した結果、

片手側転や跳び箱の8段飛び越えたり、さらには逆立ちで歩くまでできるようになりました!

 

https://joy-spo.com/8587https://joy-spo.com/8587
https://joy-spo.com/8587https://joy-spo.com/8587
https://joy-spo.com/8587https://joy-spo.com/8587

凄いですよね。

先程のジャンプと「ヨコミネ方式」は意外と関係性がありそうですね。

鍛えられた身体能力と鋭い感覚で、ピタリとジャンプの頂点でまっすぐになっていますからね。

今後は4回転に限らず、5回転もあるかもしれませんよ?

意外とマジで!!

紀平梨花のライバル・本田真凜が複雑なコメントを?

2016年のジュニアグランプリで、紀平梨花選手のライバル・本田真凜選手がこんなコメントをされていました。

 フィギュアスケートのジュニアGP第5戦スロベニア大会で2位となった本田真凜(15=大阪・関大中)が26日帰国し、乗り継ぎ便から大阪・伊丹空港に降り立った。

ショートプログラム(SP)が57・79点の4位と出遅れ、年下の紀平梨花に優勝を譲る形になった。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)初成功で頂点に立った紀平に対しては「おめでとうとは思うけれど…」と複雑な心情をのぞかせた。

課題はSPの出来と捉える。「今日から練習します。ジャンプを失敗しない。練習ではうまくいっているけれど…。後は練習通りにできるように頑張りたい」。ライバルの存在を刺激に、巻き返しへのスイッチを入れた。引用元:https://www.nikkansports.com/sports/news/1715829.html

この時の優勝者が紀平梨花選手でした。

本田真凛選手の気持ちとしては「おめでとうとは思うけれど…」

まぁ確かにそうですよね。

2位の本田真凜選手にこんなコメントを求める記者もどうかと思いますが…

こんな意見を求めて、記者はどうしたいのでしょうか?

紀平梨花選手と本田真凜選手の仲を悪くしたいのでしょうか?

 

View this post on Instagram

 

My dear💓 #紀平梨花 #本田真凜 #本田紗来 #坂本花織 #三原舞依

lgm.mima.marin💓さん(@lgm.mima.marin)がシェアした投稿 –

質問をする相手が間違ってますよね?…

スポンサーリンク




紀平梨花かわいい!動画・西日本編はまだか?まとめ

今回は紀平梨花かわいい!動画・西日本編はまだか?という事でお届けしてきました!

紀平梨花選手を見ていただくと可憐な感じがしますね。

可愛い+気品あり!といった所ですね!

ではでは本日はこれまで!ご覧頂きありがとうございました!



関連記事!