sports

佐々木朗希投手が岩手決勝で投げなかった理由は何?苦情殺到がヤバい!

佐々木朗希





2019年7月26日に岩手県大会決勝で、佐々木朗希投手が投げることなく大船渡高校が敗れてしまいました。その影響で、大船渡高校に苦情が殺到しているとのことです。大船渡高校に苦情がきてしまっていますが、佐々木朗希投手が岩手県大会決勝で投げられなかった理由について簡単にまとめています。

もしも、いまだに「佐々木朗希をなぜ投げさせなかった!」という人がいればこのページを見せて落ち着かせてあげてください。プロ野球界の今後のことを思って監督やチームメイトが判断したということで、あなたも納得するはずです。いえ、納得してください。佐々木朗希投手はあなただけのものではありません!




佐々木朗希が岩手決勝で投げなかったことで苦情殺到!

25日に行われた第101回全国高校野球選手権岩手大会の決勝で、大船渡の163キロ右腕・佐々木朗希投手(3年)が登板せずに敗れた件について、同校に多数の苦情が届いていることがわかった。

 取材に応じた学校関係者によれば、試合当日の段階で150件、26日朝には留守番電話に53件の問い合わせがあったという。同関係者は「激励の言葉は100件中1件くらいでほとんどが苦情」。中には、電話ではらちがあかないと学校まで乗り込もうとする者もいたそうで、大船渡警察に巡回を要請したという。
引用元:Livedoor

佐々木朗希投手が岩手県大会決勝で150件、26日の朝に53件という異常とも言える問い合わせがきていたようです。激励は1%ぐらいだったようです。中には乗り込もうとする人もいたようです。

佐々木朗希投手が投げられなかった理由はきちんとあります。内容をしっかりと考えた上で苦情をしましょう。ただし、冷静にです。

スポンサーリンク





佐々木朗希が投げなかった理由

佐々木朗希投手が投げなかった理由は2つと言われています。1点目はチームメイトが”佐々木朗希投手を休ませてやって欲しい”。2つ目は”監督が”佐々木朗希投手の疲労を考えたことと言ったことが要因となっています。

上の画像にもあるのですが、佐々木朗希投手はニュースによると、チーム全員からの懇願があったようなのです。「佐々木一人に依存して彼の将来を潰してまで甲子園に行ったところで嬉しくない、自分たちが佐々木を甲子園に連れて行く気で頑張りたい」そう伝えていたそうです。

大船渡高校にはこんな素敵なチームメイトがいるのです。こんな素敵な野球部員の子達の意見を聞いても苦情をしたくなるでしょうか?では次に監督が”佐々木朗希投手の疲労を考えたこと”についてみていきます。

スポンサーリンク




佐々木朗希の岩手県大会の球数や間隔は?


佐々木朗希投手の大会での球数は決勝までに計435球でした。

佐々木は今大会で決勝戦まで投げた球数は計435球。16日の2回戦・遠野緑峰戦で19球、18日の3回戦の一戸戦では、6回無安打無失点で93球を投げた。21日の4回戦の盛岡四高戦は延長12回を投げ抜いて194球の熱投。22日の準々決勝は温存され、24日の準決勝の一関工業戦では15奪三振完封勝利で129球。肩、肘に違和感や痛みはなく、体に張りがあった程度だったという。状態を考えれば、翌25日の決勝戦も連投で登板できる状況だった。
引用元:AERAdot.

佐々木朗希投手は22日準々決勝は温存されています。24日の準決勝では129球を投げています。その後に肩、肘に違和感や痛みはなかったものの、体に張りがあった程度ということがわかっています。状態としては投げられたかもしれません。

しかし、国保陽平監督の考え方からすれば当然だったようです。医者やトレーナー、選手の雰囲気、気候、など色々な側面から状況を客観的に見れる監督なのです。その答えがインタビューに出ていました。

船渡・国保陽平監督(32)は佐々木を登板させなかったことについて「投げられる状態ではあったかもしれませんが、私が判断しました。理由としては故障を防ぐため。(佐々木の状態は)筋肉の張りとかそういう程度です。特に痛いとかはなかった。(登板回避は)朝の練習で伝えました。笑顔で『分かりました』と言いました。(再び登板回避の理由について)球数、登板間隔、気温です。今日は暑いですし。特に悩みはなかったです」と話した。
引用元:日刊スポーツ

この通りです。国保陽平監督はチームメイトの考えもあったでしょうが、自身のこれまでの一貫した考えから迷うことはなかったようです。

スポンサーリンク





佐々木朗希が投げなかった理由のまとめ

佐々木朗希投手が投げなかったことはチームメイトと監督の判断だったということです。

佐々木朗希投手は「投げたかった」というのであれば、将来失う覚悟全てについて語っておけばよかったかもしれません。佐々木朗希投手の覚悟を聞いた上で登板したいということであれば、行かせるべきです。国保陽平監督は選手を管理する立場上判断しただけですが、佐々木朗希投手に最終判断や覚悟を聞いてもよかったのかなと思います。

スポンサーリンク





佐々木朗希が岩手県大会で投げなかったことに世間は?



関連記事!