sports

JRA禁止薬物グリーンカル156頭除外問題!公認サプリからテオブロミンが謎の検出!

JRA





JRA(日本中央競馬協会)が禁止薬物が発見されたとして156頭が競走取り消しとなってしまいました!

地方競馬の岩手競馬で140頭が除外になる事例がありましたが、まさかJRAで過去最大の禁止薬物が出るとは思ってもみませんでしたよね!

しかも今回問題となったのは、調教師が今までずっと関連会社のJRAファシリティーズ株式会社から購入していたということです。

そう。いつも購入していた場所から突然出てきたのです!これが問題なのです。JRAが公認サプリとして認めていたものが突然謎の検出された謎についてみていこうと思います!




JRA156頭除外問題!

14日、競馬界に前代未聞の激震が走った。JRA(日本中央競馬会)は、今週の土、日に東京、阪神、函館で出走を予定していた156頭の競走馬の取り消しを決定した。摂取したカイバなどから禁止薬物の「テオブロミン」が検出されたもので、これだけの大量の取り消しは前代未聞。15日朝のトレセン並びに各競馬場に衝撃が走った。なぜ、これだけ大量の競走馬が出走取り消しとなったのか? その謎に迫る。

前代未聞の大量取り消しが競馬界を襲った。事の発端となったのは14日午後4時に栗東のある調教師からJRAへ来た一本の電話からだった。「自分のところに納品されている飼料添加物に関して、業者から禁止薬物が入っているので回収したいとの申し出があった」。この言葉通り、競走馬理化学研究所の調査で競走馬のカイバに混ぜるサプリメント「グリーンカル」から禁止薬物「テオブロミン」が検出。その結果、15日の開催で72頭、16日の開催で84頭、計156頭の競走馬が取り消しされることになった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

事の発端は、とある調教師に業者から電話がかかってきたことから始まっています。

「自分のところに納品されている飼料添加物に関して、業者から禁止薬物が入っているので回収したいとの申し出があった」

この会社はJRAファシリティーズ株式会社というところで、JRAの子会社のようなところです。要するにJRAが公認している会社です。

そして、競走馬理化学研究所がサプリメントの「グリーンカル」から禁止薬物の「テオブロミン」が検出されて156頭が当日除外されることになりました。

JRAは2019年6月15日の朝6時に公式ページに次のようなコメントを残しています。

 15日午前6時半に発表されたJRAのホームページ上では「今週の中央競馬の出走予定馬の中に、禁止薬物を含んだ飼料添加物を摂取した可能性がある馬が判明したため、それら全ての馬を競走除外としました」と説明。

JRAは説明していますが、何か違和感を覚えませんか?

JRAの禁止薬物で違和感しかない?補填は?

JRAの関連会社から出た禁止薬物の影響で、馬主、調教師、厩舎に関わる全ての人達に入ってくる賞金や手当てが入ってこなくなってしまいました。

レースに使えなかったが為に生活するための資金が入ってこなかったのです。馬一頭の維持費でも何十万円となってきます。

今回、JRAのファシリティーズ株式会社から購入した資金は補填されるのでしょうか?JRAの失態なのに、調教師がサプリメントの購入代金を払ったままの状態になるなら、無駄金払わされたと思われる人がいるのではないでしょうか?

また、競馬場にわざわざ足を運んできてくれたファンには、何もないのでしょうか?

JRAは公式のページで除外をしたという発表でしたが、関係者やファンへの補填も必ずするべきところだと思います。ファンの方のツイートなどをみると信用をなくしたというコメントをみかけています。

スポンサーリンク





禁止薬物がなぜ出てしまったのか?

今まで普通に使っていた禁止薬物が出てきたのはなぜなのか?結論としては全くわかりませんが、生産元は日本農産工業ということでこの販売元が原因と言われています。

そして、トレーニングセンターの関係者は次のように言っています。

 関係者が語るようにこれまで普通に使用できたサプリメントがなぜ突如、禁止薬物と判断されたのか? 今回の最大の謎だが、あるトレセン関係者は「従来と違う工場で生産したのを調べたら出たんとちゃうかな。あるいは生産を委託している会社が変わったとか。それによって禁止薬物が何らかの形で混入した可能性があるんとちゃうかな。だからほんの一部のサプリだけが本当の禁止薬物やったと思う。実際、競走馬の検査もしていないんやろ。サプリを使っていただけでアウトちゅうのは一体、どうなってるんや」とJRAの対応に疑問の声を上げる。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

これまで違う工場から生産をしたら出てきたということや、生産委託業者が変わったということが言われていますが、果たしてそうなのでしょうか?

色々と生産体系が不明確なのでなんともいえないのですが、禁止薬物の”テオブロミン”が置かれた状況になっていたのか?という疑問が出てきます。

1番の問題になるのは禁止薬物があるような場所で生産をしていたのか?ということです。普通に考えるならそういうリスクがあるような状況でサプリメントを生産するべきではないはずです。

どこから混入したのでしょうか…謎は深まるばかりですし、JRAは今回の問題について説明責任をしっかり果たすべきではないでしょうか?

JRA禁止薬物に世間の反応は?

スポンサーリンク





JRA禁止薬物グリーンカル156頭除外問題!公認サプリから禁止薬物テオブロミンが謎の検出! おわりに

宝塚記念にも影響が出るかもしれないと言われています。2019年6月23日にあるということで、一応1週間ほどの猶予があります。

G1の日に除外が多数出るということになれば、JRA自体も損失が大きくなります。JRAの対応に注目です。



関連記事!