社会・事件

5月病チェックのけちなのみやの意味は何?

5月病





10連休のゴールデンウィークが終わりました!そして、5月病が付きまとわる時期になりましたね!今回は5月病チェックの『けちなのみや』という言葉がはやっているようですが、どういう意味なのでしょうか?



5月病チェックのけちなのみやニュースについて

5月病のけちなのみやに関する特集です。

社員がいきいきと働き、高いパフォーマンスを発揮する職場をつくるには何が必要か。産業医として多くの企業で社員の健康管理をアドバイスしてきた茗荷谷駅前医院院長で、みんなの健康管理室代表の植田尚樹医師に、具体的な事例に沿って「処方箋」を紹介してもらいます。

ゴールデンウイーク(GW)明け、何となく気分が晴れないという人もいるかもしれません。いわゆる「五月病」はこの時期、心身の不調、倦怠(けんたい)感にさいなまれる状態を指します。正式な病名ではありませんが、大型連休明けにこうした症状を示す新人社員や新入生が見うけられることから、こう名付けられたようです。

その多くは新しい環境に適応できないことに起因するものと考えられます。希望に胸を膨らませて入社したものの、やりたい仕事に就けなかったり、上司や先輩との関係に気を使ったり、悩みは尽きません。ようやく自分の時間を持てた大型連休に、改めて思い悩んだ結果、働く意欲が減退し、ひどい場合には会社へ行けなくなり、ついには離職に至るケースもあります。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

5月病とは、最初の冒頭文で伝えたように、ゴールデンウィーク明けにに気分が晴れない状態をさしています

ただ、この「五月病」は5月だけではないと言われています。根本的には心の病が原因というのです。

5月病チェックの”けちなのみや”の意味は?心の病との関係

けちなのみやは「ケチな飲み屋」とも言うようです。そして、気になる意味を次の通りでした。

け:欠勤が多い
ち:遅刻が多い
な:泣き言をいう
の:能率が悪い
み:ミスが多い
や:辞めたいと言い出す。

このような状態が多くなれば、何かしらの心の病が関わってきているようです。私は休憩時間も10分とないような職場で、一日に10万歩近く歩いていて辞めたいと言っていました。(笑)

結局、会社の体制や考え方が合わないと感じたので、辞めました。また、こういう状態が続いていたので、上司に相談すると、結局は難しいということでした。

言っても変わらない職場にいるなら、他の職場を考えた方が良いというのが私の考えです。

トヨタが役員賞与増!終身雇用限界説会見後にした理由は?違和感が…

スポンサーリンク





5月病チェック!”けちなのみや”の世間の反応は?

悠長な事やな!! むかしは、毎日言われた!! 嫌やったらいつ辞めてもエエで〜てな!!

 

新入社員の時に休日について考えたのはGWなどという小物連休ではなく2ヶ月近い夏休みがなくなったことだった。

 

普通に新人を育成するだけでも様々な負担が大きいのに、更に気を使ってまで残ってもらう必要性がどこまであるか。この先ずーーーーっと気を使っていかなきゃいけないのなら早く辞めてもらった方が周囲のため。その見極めはどうするのか教えてくれ。

 

新人に辞めないように説得していく時間がもったいないですよね。そもそも会社の業務内容があってなかったんでしょう?だったら辞めてもらってもいいと思います。

利益を追求するなら新入社員だけを残して、やる気のある契約社員、派遣社員を雇った方が将来性も金銭的にも良いと思うのですが、いかがでしょうか?

5月病チェックのけちなのみやの意味は何? おわりに

”けちなのみや”は

け:欠勤が多い
ち:遅刻が多い
な:泣き言をいう
の:能率が悪い
み:ミスが多い
や:辞めたいと言い出す。

という意味でした。個人的には辞めたい人は辞めたらいいんじゃない?というのが考えです。



関連記事!