社会・事件

かんぽ生命社長植平光彦の経歴(略歴)や役員年収は?石井雅実は現在どこに?

かんぽ生命





かんぽ生命の二重保険料払い。かんぽ生命の不祥事で契約者に多くの損害を与えていますが、役員達の年収はどうなのでしょうか?増えていたり、世間一般の意識よりも高ければイラっ!!!ときますよね?

またかんぽ生命の社長植平光彦さんが謝罪会見を行いましたが、どんな経歴なのでしょうか?さらに、過去にかんぽ生命の社長だった石井雅実さんは現在どこにいるのでしょうか?

長門
長門正貢の兄弟は長門裕之ではない!親戚でもない?略歴や評判も調べてみた【日本郵政社長】長門正貢(日本郵政)の兄弟が長門裕之さんなのでは?という事が言われています。確かに顔の輪郭や雰囲気が似ていて間違えそうになります。実際に...
横山邦男
横山邦男の経歴や家族は?態度が偉そうと言われる人物!記者会見動画を実際に調べた結果横山邦男(日本郵政社長)がかんぽ不適切販売で記者会見をされています。横山邦男社長の経歴や家族はどうなっているのでしょうか?また、横山邦男...



かんぽ生命二重不正問題!

日本郵政傘下のかんぽ生命で、顧客が新しい保険と前の保険の保険料を6か月間、二重に支払った事例が2万件余りあることが分かりました。保険を販売した郵便局員が受け取れる手当てが減るのを避けるために、顧客が不利益を被った可能性が出ています。

かんぽ生命によりますと、平成28年4月から去年12月までの2年9か月間に、新規の保険契約のうち、顧客が6か月間前の契約と二重に保険料を支払った事例が、およそ2万2000件あったということです。

中には、顧客の意向に沿わない形で二重払いになっていた事例が確認されたとしています。

かんぽ生命の保険の販売は全国の郵便局員が担っていて、顧客が新たな契約をしてから6か月以内に前の契約を解約した場合、「新規契約の獲得」ではなく、「契約の乗り換え」と見なされ、保険を販売した郵便局員が受け取れる手当てが半分に減る仕組みがあります。

このため、手当てが減るのを避けて満額を受け取るために、顧客にとって不利益な方法を取らせていた可能性が出ています。

こうしたことから会社は、手当ての在り方を含め、販売方法の改善策を検討しています。

かんぽ生命をめぐっては、これとは別に、顧客に不利になるような保険の乗り換えや、健康状態などの問題で乗り換えができず無保険の状態になる事例など、不適切な保険の販売が相次いで確認されていて、会社が詳しい調査を進めています。

引用元:NHK NEWS WEB

かんぽ生命が、平成28年4月から去年12月までの2年9か月のあいだ、新旧保険の二重支払いが22000件以上ありました。また、郵便局員が営業手当を下げないように解約を先延ばししていたこともありました。

二重支払いも問題ですが、郵便局員が営業手当を下げないように解約を先延ばしていたということで、手当の仕組みにも問題があります。

顧客の利益よりも自分たちの営業成績を最優先させた結果ですが、ノルマがとんでもないものだったということみたいだったようです。

下のものが裏資料と呼ばれるものです。これがどれくらいのものになるかわかりませんし、本物かどうかわかりません。参考程度でお願いします。

かんぽに加入している人は全国に何万人といますが、今回の不正でお年寄りも一気に解約していくかもしれません。かんぽ生命が破綻してしまう可能性も出てきそう。

かんぽ生命社長植平光彦の経歴(略歴)

名前:植平光彦(うえむらみつひこ)
年齢: 62歳 (2019年時点)
出身:和歌山県出身
高校:不明
大学:東京大学

昭和54年(1979年)4月 東京海上火災保険株式会社入社
平成16年(2004年)10月 日新火災海上保険株式会社部長待遇
平成19年(2007年)8月 東京海上日動火災保険株式会社宮崎支店長
平成22年(2010年)7月 東京海上ホールディングス株式会社国内事業企画部長
平成24年(2012年)6月 同社執行役員国内事業企画部長
平成25年(2013年)6月 株式会社かんぽ生命保険常務執行役
平成25年(2013年)7月 同社常務執行役営業企画部長
平成26年(2014年)4月 同社常務執行役
平成27年(2015年)6月 同社専務執行役
平成29年(2017年)6月 同社取締役兼代表執行役社長(現任)
当社取締役(現任)

引用元:日本郵政

植平光彦社長は、東京海上火災保険株式会社で保険業をスタートしています。それからは昔ならがの年功序列なのか支店長、部長にまでなっています。

そして、2013年に株式会社かんぽ生命保険常務執行役として迎えられます。ヘッドハンティングなのでしょうかね?

外部からヘッドハンティングされているということになれば、植平光彦社長は以前の営業体制をそのままやっていた可能性がありますね?ということは、前社長の石井雅実さんにも火の粉が降り注ぐ気がします。

スポンサーリンク





かんぽ生命の元社長石井雅実は現在どこに

名前:石井雅実(いしいまさみ)
生年月日:1952年9月4日
年齢:66歳(2019年時点)
出身:東京都
学歴:東京大学

石井雅実元社長の経歴です。

1976年4月:安田火災海上保険株式会社(現・損害保険ジャパン日本興亜株式会社)
2005年4月:損害保険ジャパン日本興亜株式会社執行役員に就任
2007年4月:損害保険ジャパン日本興亜株式会社常務執行役員
2007年6月:損害保険ジャパン日本興亜株式会社取締役常務執行役員
2010年6月:同損害保険ジャパン日本興亜株式会社代表取締役専務執行役員
2011年4月:損害保険ジャパン日本興亜株式会代表取締役副社長執行役員に就任
2012年6月:株式会社かんぽ生命保険取締役兼代表執行役社長に就任
2013年6月:日本郵政株式会社の取締役
2017年5月:株式会社かんぽ生命保険の社長を退任

参照元:wikipedia

そして、かんぽ生命退任後について調べると現在も現役で働いているようでした。

南都銀行、アイペット損害保険、東洋アルミニウムに人事異動しています。しかし、ここには名前があるだけで、同姓同名の可能性もあります。

今後、どこかで画像などが見つかれば貼り付けておきます。

スポンサーリンク




かんぽ生命の役員の年収は?

今回のかんぽ生命の不祥事で気になるところでしょう。役員の年収についてです。

取締役
2018年3月期の取締役2名に対する報酬総額は100万円増額で2700万円
合計
2016年3月 1名1800万2017年3月 1名 +800万2600万2018年3月 2名 +100万2700万
一人当たり
2016年3月 1名1800万2017年3月 1名 +800万2600万2018年3月 2名 -1250万1350万

執行役
2018年3月期の執行役29名に対する報酬総額は4800万円増額で7億8500万円
合計
2015年6月 28名5億6200万2016年3月 29名 +1400万5億7600万2017年3月 29名 +1億6100万7億3700万2018年3月 29名 +4800万7億8500万
一人当たり
2015年6月 28名2007万2016年3月 29名 -20万1986万2017年3月 29名 +555万2541万2018年3月 29名 +165万2706万

2015年6月 7名3600万2016年3月 6名 +900万4500万2017年3月 8名 +900万5400万2018年3月 11名 +700万6100万
一人当たり
2015年6月 7名514万2016年3月 6名 +235万750万2017年3月 8名 -75万675万2018年3月 11名 -120万554万

役員報酬の合計
2018年3月期の役員に対する報酬総額は5600万円増額の8億7300万円

引用元:IR BANK

かんぽ生命の役員報酬の一番特注すべきところは一番最後の額です。役員報酬の合計が増額8億7300万円となっていました!

かんぽ生命のお偉いさん方は、下っ端にはせっせと頭を下げさせて、特に給料も変わらず、自分達の私腹を肥やしていたようです。

今回のかんぽ生命で、役員の人達は私達顧客に対して頭を下げて謝罪していますが、かんぽ生命を売り回っている、ノルマを達成するべく働いている営業の人達にの頭を下げるべきなのではないでしょうか?

こういう不祥事が起こるたびに頭の偉い人といいますか、東大という学歴が目につきます。全ての東大の人とはいいませんが、無能な人を経営陣においているのはどうかと思いますよ!

本当この事実がわかれば、どうなるのか恐ろしい限りです…

スポンサーリンク





かんぽ生命の不祥事に世間は?

https://twitter.com/yu1002/status/1149159030465519617
https://twitter.com/19720719honda/status/1149158834822193153
https://twitter.com/Vhc9M/status/1149158650214154242




関連記事!