社会・事件

福井県若狭町立上中教員嶋田友生自殺事件の校長は誰?画像や経歴(学歴)を調べてみた

福井県若狭町立上





福井県若狭町立中学の新任教諭の嶋田友生さん自殺した事件がありました。2019年7月10日に福井地裁が判決を出し、校長らの責任を認め、約6530万円の支払いを命じています。

今回は、その教員嶋田友生さんを過労死させた疑いをもっている、 福井県若狭町立上中の校長について調べてみました。




福井県若狭町立上中教員嶋田友生自殺事件!

福井県若狭町上中中の新任教諭だった嶋田友生さん=当時(27)=が2014年に長時間過重労働で自殺したのは、校長が安全配慮義務を怠ったことが原因として父親が若狭町と県に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決言い渡しが7月10日、福井地裁であった。武宮英子裁判長は、過重労働は校長の安全配慮義務違反によってもたらされたと判断、町と県に約6500万円の支払いを命じた。
引用元:yahooニュース

2014年当時、福井県の信任教諭の嶋田友生先生が長時間労働の末に自殺をしました。当時、嶋田友生先生は1年生の学級担任や野球部の副顧問をしていました。勤務時間は次の通りです。

勤務時間以外に4~6月は月128~158時間、9月は169時間にわたって在校していた。地方公務員災害補償基金県支部は16年9月、長時間労働による精神疾患が自殺の原因として公務災害と認定した。
引用元:yahooニュース

2014年6月に過重労働で、うつ病になって同年の10月に車内で練炭自殺をされました。

私は教員ではありませんが、学校関係に関わる仕事(ICT)を一時期していました。その時に夜遅くまで仕事をされていて、教員の方は本当に遅くまで仕事をされていたことを思い出しました。

嶋田友生先生は野球部の副顧問をされていて、野球部特有の真面目なところがあったのでしょう。しかし、新任教員ということで慣れないこともあったり、職場に慣れないことも多くあったのでしょう。今回の自殺で嶋田友生先生の父親は控訴しないと言われています。

本当なら、自分の子供がこんなことになってしまって、残念無念な気持ちがあり恨みもあると思います。それを抑えていらっしゃる大変寛大な赤たです。嶋田友生先生のお父さんの方が校長先生に向いているかもしれません。

スポンサーリンク





福井県若狭町立上中の校長は誰?画像は?

福井県若狭町の校長らしき人物を発見しましたが、こちらの方が本物の方かどうかわかりませんでしたので、名前などを調べて頂ければ詳しい情報もわかるかと思います。福井県若狭町立上中へ

弔辞か何かを読んでいるので偉い方なのは間違いありません。ただ本人ではない可能性もあるので、ここでは画像のアップはやめておきます。

今回、福井県若狭町立上中の校長は会見を開いていませんが、教員が亡くなったことは事実です。中学校側は保護者に「校長は時間外勤務を命じておらず、自主的な行為だった」と説明していますが、日記には「授業の準備が追いつかず、時間もなく、眠るのが怖い」と書かれています。

ということは、学校で勤務をしていないにしろ自宅で何か作業をしていた可能性があります。私が学校関係の仕事に従事していた時に思ったことは本当に必要なことなの?と思うことを多くやっていました。

それもひとえに、校長先生や教育委員会に提出するものがムダに多いからでしょう。なんでも書類にされていましたが、本当にそれって必要なの?ということを多々感じました。

スポンサーリンク




福井県若狭町立上中の校長の経歴や学歴は?


先ほどの項目で書きましたが、画像はわかっていますが、名前についての詳細がわかれば、facebookやtwiiterなどで、どんな人物だったのか?
本当に教員として相応しい人なのか?ということを見ていければと思います。

スポンサーリンク





福井県若狭町立上中教員嶋田友生自殺事件に世間は?



関連記事!