社会・事件

国際大学の女性室長や学長伊丹敬之の顔画像は?アフリカ体臭問題の中心人物について

アフリカ体臭問題





日本で一番アフリカ人の比率の多い大学として知られている国際大学。その国際大学で学生から、「アフリカの人の体臭がきつい」と言われて対応した女性室長や学長の伊丹敬之さんの対応が”差別に当たるのでは?”ということでとりあげられてしまいました。

アフリカの学生からは正式な謝罪もなかったということですが、今回対応した女性室長や学長伊丹敬之は一体どんな人なのでしょうか?

女性室長や学長伊丹敬之の顔画像や経歴などが判明しました!




国際大学のアフリカ学生体臭問題!

2019年3月11日に国際大学で起こった内容です。

アフリカ出身の学生比率が日本で最も高い「国際大学」(新潟県南魚沼市・伊丹敬之学長)で今年3月11日、「アフリカ出身の学生の体臭がひどい」という差別的な内容を含んだ学生からの投書を、大学職員が学内の提示版に貼り付けていたことがわかった。さらに、その職員が貼り付けた投書の下に「彼らの名前を教えてくれたら、私が彼らと話をさせてもらいます」と差別を容認するとも受け取れる返答をしていた。

中略

3月初旬、大学事務局前に設置された意見箱に、特定の地域の出身の学生たちの体臭について対処してほしいと匿名の投書があった。意見箱に投書されたものを提示版に貼るかどうかは大学事務局内の「学生センター事務室」が決めることができ、この投書に対し、学生センター事務室の女性室長は「それがどの学生かどの地域の人か教えてほしい」という内容の返答をし、提示版に貼り付けた。
引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/

誰かがアフリカの学生の人の隣にでも座ったのでしょうか?あまりにも体臭がきつかったのでしょうね。私達もバスや電車に乗った時に加齢臭なるものをにおうことがあります。また、暑い夏場でも汗を書いてしまうとにおいが残ってしまいます。

そういったニオイよりもきつかったのでしょうか?

その投書自体は差別発言とも捉えることができるかもしれません。ただ、職員の文章を読んでも差別というよりも、アフリカ人の学生にニオイがキツいようだからどうにかすることができないのかを聞きにいきたかっただけのように思います。

ちょっと女性室長の配慮に欠けた対応だったようです。今回に関しては掲示板に貼り付けることは考えるべきだったでしょうね。

アフリカ人学生の体臭問題の流れをまとめると?

アフリカ人学生の体臭問題についてまとめてみます。

  • 国際大学の学生が「アフリカの人は体臭がきつい」と投書を箱に入れた。

 

  • 女性室長がその投書を掲示板に貼り付けた

 

  • アフリカ人の学生は激怒!投書の返答には、「それがどの学生かどの地域の人か教えてほしい」というものが貼られる。

 

  • 3月11日には学生からの投書で、英語で「これはタバコや口臭ではなく、ひどい体臭だ。具体的には、アフリカ出身の人たちだ。何かしらの対処をしてください」と書かれる。また、女性室長が「彼らの名前を教えてくれたら、私が個別に話します」と回答

 

  • アフリカ人学生は怒り伊丹学長宛に対策を講じるように面会を要請

 

  • 4月2日に学生代表者と伊丹学長が話しあう。ここで大学側は謝罪をしたというが、学生は「謝罪の言葉はなかった」という。

 

  • 伊丹学長は女性室長とアフリカ人の学生と話しあうように提案。しかし、アフリカ人の学生は被害者と加害者(室長)となぜ会わなければならないのか?ということで、疑問抱く。

 

  • 女性室長から学生宛にメールで謝罪と掲示板に謝罪文をはる。

 

  • 国際大学は、ワークショップ(いわゆる話し合いのようなもの)を開くも理由を説明していない。

 

  • アフリカ人学生は「投書をした学生にも問題はあるが、掲示板を貼った職員にも問題がある。なぜ職員間でワークショップを開かないのか?と疑問。

ここまでがアフリカ人学生と国際大学のやりとりになります。

体臭がきついということをわざわざ貼ってしまうものでしょうか。日本人なら黙っているところかもしれませんが、投書に書いた方は外国の方のようです。ハッキリという文化なのでしょうね。

女性室長の経歴や顔画像は?

国際大学のホームページに信田グレチェンさんという方の名前があり、twitterにも上記のような肩書きが載っていました。

そして、旦那さんは国際大学の教授の信田智人(しのだともひと)さんで、上に写っている方です。

グレチェンさんは1984年にきていましたが、当時は会社に勤めていたようで、実質は会社からの派遣生徒だったようです。それから国際大学の学生を経て事務室に就職して学生センター事務室室長になったようです。コネ入社のような感じがしますね。

スポンサーリンク





伊丹敬之の経歴や顔画像は?

名前:伊丹敬之(いたみひろゆき)
生年月日:1945年3月16日
出生地:愛知県豊橋市生まれ
高校:愛知県立時習館高等学校
大学:一橋大学商学部
肩書き:日本の経営学者。国際大学学長、一橋大学名誉教授。元組織学会会長

伊丹敬之さんは上記に書いてあるもの以外にも多くの経歴をもっています。

1972年 – カーネギーメロン大学経営大学院博士課程卒業、Ph.D.取得
1973年 – 一橋大学商学部専任講師
1975年 – スタンフォード大学経営大学院客員助教授
1977年 – 一橋大学商学部助教授
1982年 – スタンフォード大学経営大学院客員准教授
1985年 – 一橋大学商学部教授(1994年から1996年まで学部長)
1996年 – INSEAD客員教授
1997年 – スイス・ザンクトガレン大学客員教授
1999年 – 北陸先端科学技術大学院大学知識科学研究科教授併任(2002年まで)
2000年 – 一橋大学大学院商学研究科教授
2002年 – 組織学会会長、三菱レイヨン株式会社経営諮問会議メンバー[7]
2004年 – 一橋大学21世紀COEプログラム日本企業研究センター長
2008年4月1日 – 東京理科大学専門職大学院総合科学技術経営研究科長・教授、一橋大学名誉教授
2010年 – JFEホールディングス監査役
2011年 – 東京理科大学大学院イノベーション研究科長・教授、株式会社商船三井監査役
2012年 – 東芝取締役・指名委員会委員・報酬委員会委員
2015年 – 東芝経営刷新委員会委員長
2017年 – 国際大学学長[8]
引用元:wikipedia

アフリカ人の学生は、伊丹敬之学長に対して「出席した学生は謝罪の言葉はなかった」と言っています。

これだけの経歴、肩書きをもっていらっしゃる方が謝罪をしないものなのでしょうか?どちらかの意見が違っているようですね。ないというのであれば、きちんと正式な場所で謝罪した方が良さそうですね。

国際大学内では噂が流れているようだが…

国際大学内では女性室長を守る声が上がっているようです。

この女性室長はアメリカ出身の白人女性で国際大学の卒業生。すでに20年以上大学に勤務しており、学生寮には、室長の顔写真付きで「寮内では静かにするように」と書かれたポスターが貼られている。室長の日本人夫も国際大の卒業生で、現在は国際大の教授で、副学長を務めていたこともある。学生の1人は「夫が元副学長で、室長自身、大学職員の中でもかなり古株だから、大学は室長を守ることしか考えてないのでは」と言う。
引用元:huffingtonpost

先ほど挙げた名前の方ですよね。

信田グレチェンさんと信田智人さんのことでしょう。国際大学は昔から付き合いのある2人を簡単にはきれないででしょう。一旦は何かしらの処分がくだされるでしょうね。懲戒解雇になるくらいの事案ということではないと考えます。

スポンサーリンク





国際大学の体臭問題に世間は?

スポンサーリンク




国際大学の女性室長や伊丹敬之の顔画像は?アフリカ体臭問題の中心人物について おわりに

国際大学の体臭問題に限らず、加齢臭が出てきてニオってくる男性もいます。ニオイは誰でもあります。人には合うニオイと合わないニオイというものもあります。私の知り合い人は「絶対無理!」という人がいました。

また、ワキガというものもありますが、そういう人に直接言うのって難しいですよね。そういう時はそっとニオイが消えるものを手紙と共に渡しておくのも良いのでは?と思います。

今回の件に関していうと、あまりにも配慮が足りなかったとしかいえません。

2019年8月には3年に1度の「アフリカ開発会議」が横浜で開かれる予定となっていて、今回の件も知れ渡っているようです。どうなるのでしょうか?今後に注目です。

 



関連記事!