芸能

りゅうちぇる姉の芸能界引退理由は?比花知春さんの曲やブログ内容から推測も

比花知春





りゅうちぇるさんのお姉さん、比花知春(ひがちはる)さんが芸能界を引退するという決断を下されたようです。比花知春さんが地上波に出てくるのは”まれ”で、聞いたこともない人もいるかもしれません。

そして、今回の芸能界引退では、比花知春さんは「考え抜いた末、悩み抜いて」ということで意志も固い事が伺えます。

が!しかし!比花知春さんが芸能界引退理由について明確なものがありません。どういうことで引退を決断したのか、ブログやこれまでの曲などを見て考えてみたいと思います。




りゅうちぇる姉の比花知春が芸能界引退

沖縄県出身のシンガー・ソングライターで、タレントのりゅうちぇるさんの姉である比花知春さん(37)が18日で芸能活動を引退すると同日深夜、公式ブログで発表した。「いつも応援してくださるみなさまへ。」というタイトルで引退についてメッセージを寄せた。

ブログでは「今後の人生について考え、向き合い、決断致しました。たくさん悩みましたが、この選択には後悔はありません」と伝え、音楽、芸能活動については「とてもとても幸せな17年間でした」と残した。「シンガー・ソングライターとして生きてきたことをこの先も一生忘れません」とつづり、ファンに向けて「こんな私をたくさん愛していただき、本当にありがとうございました」と記した。

引用元:yahoo

りゅうちぇるの姉、比花知春さんが2019年7月18日に公式ブログで芸能活動を引退するということを伝えています。

「今後の人生について考え、向き合い、決断致しました。」

「たくさん悩みましたが、この選択には後悔はありません」

「とてもとても幸せな17年間でした」

「シンガー・ソングライターとして生きてきたことをこの先も一生忘れません」

「こんな私をたくさん愛していただき、本当にありがとうございました」

引用元:yahoo

りゅうちぇるのお姉さんである、比花知春さんのネット記事では37歳ということが伝えられています。比花知春さんは沖縄県出身ということです。比花知春さんが日本のテレビ番組の歌謡曲に登場している場面を見たという方は少ないのではないでしょうか?

比花知春さんはこれからどういう風な道を進まれるのでしょうかね。37歳という年齢やシンガーソングライターということを考えると、個人的な場所で音楽活動をつづけていくという予想もできそうです!

スポンサーリンク





比花知春のプロフィールや略歴

比花知春Chiharu Higa
ジャンル:シンガーソングライター
生年月日:07.12(蟹座)
デビュー年:2002.3.13
出身地:沖縄県
身長:154.5cm
目標:歌を通して“愛”を届ける
趣味:愛犬との散歩、食べ歩き、料理、人間観察
特技:子供に懐かれること
引用元:比花知春公式サイト

りゅうちぇるのお姉さんの比花知春さんは11歳から沖縄のアクターズスクールに入っています。15歳まで歌とダンスを学んで17歳からギターを学んで弾くようになりました。

そして、比花知春さんは20歳の頃からシンガーソンガーライターとしての活動を初めて沖縄を拠点に活動しはじめます。

2002年3月13日からワーナーミュージック・ジャパンより、「君を忘れない」でメジャーデビューしています。

比花知春さんは音楽活動以外にも積極的で、テレビ、ラジオ、雑誌やCMにも出演していたことがあります。

そして、2009年春から福岡に活動拠点を移します。拠点前は「CHIHARU」という名前で活動していましたが、今現在の比花知春という名前に改名します。

比花知春さんの名前の笑顔は癒されますね!特技は子供に懐かれるということですが、子供と歌ということから連想すると保育園の先生などと考えてしまいます。それくらい、比花知春さんは似合っていませんか!?

スポンサーリンク




比花知春の引退理由は?

https://twitter.com/higachiharu/status/1124109446043639809

比花知春さんの引退理由を探るべく、一度ブログのコメントを全文読んでみましょう。

しばらく、SNSの投稿が止まってしまいご心配をおかけして申し訳ありません。
先日の誕生日にはたくさんのメッセージありがとうございました。
とてもとても嬉しかったです。

少し長文になりますが、ぜひお読みいただければ幸いです。

みなさまへ大切なお知らせがあります。

私、比花知春は本日、福岡でのお仕事を終え、全ての芸能活動にピリオドを打つ事を決めました。

CHARUSをはじめ、これまで応援して下さったみなさまへ、直接自分の口からお伝えする場を最後の最後に設けられずの発表になってしまった事は大変心苦しいのですが、このような形になってしまい本当に申し訳ありません。
大好きな音楽を始め、音楽以外にもたくさんのチャンスをいただき、人にも環境にもファンのみなさまにも恵まれ、様々な景色を見させていただきました。

今後の人生について考え、向き合い、決断致しました。たくさん悩みましたが、この選択には後悔はありません。

一度きりの人生に悔いのないように、生きていくために決断したことです。
どこでお会いしても恥ずかしくないように、笑顔を忘れず、自分を信じて生きていきます。
苦しいことや悲しいこともありましたが、とてもとても幸せな17年間でした。
シンガーソングライターとして生きてきたことをこの先も一生忘れません。
17年間の中で、CHIHARU、そして、比花知春に出会っていただき、こんな私をたくさん愛していただき、本当にありがとうございました。
これからは聴く側として、音楽の素晴らしさを感じながら過ごしていくことになりますが、気が向いたら、比花知春と言うシンガーソングライターがいたことを思い出し、お耳にかけていただけたら嬉しいです。

私もきっと、そうすると思います。

どうか、みなさまお元気で。

本当にありがとうございました。

2019.7.18
比花知春
引用元:amble

比花知春さんの全文コメントを全て読んでも特に変わったところはありません。ただ、強調すべきところは「一度きりの人生に悔いのないように、生きていくために決断したことです。」という部分でしょうか。

比花知春さんは、少し前のブログ2019年7月6日に、7/13(土)に出演予定していた「ゆくはしシーサイドフェスティバル2019」
を辞退するということを発信されていました。7月6日から芸能界引退を決めていたように思えます。

ただ、7月6日より以前のブログでも特に変調はありませんでした。

twitterだと、気になるところは次のものくらいです。

ただ、これも引退の理由とはほぼ遠いものになります。他にtwitterを遡っても特にコレ!といったものはありませんでした!

という事は…?

比花知春さんが芸能界引退する理由ですが、本当予想にしかなりませんが、これまでに色々な噂話を調べてきた筆者からの推測では、結婚が一番近い線なのかと思います!

比花知春さんが交際していた男性が「結婚してください!でも、芸能界はやめて家庭に入って欲しい」と言っている可能性もあります。男性からすれば、色々な男性と接触する芸能界にはいて欲しくないと思うのは当然です!

そして、比花知春さんが結婚を考えるなら、「一度きりの人生に悔いのないように、生きていくために決断したことです。」というコメントも納得できるものになりませんか?

芸能界として活動したいけど、年齢のことを考えると子供もギリギリの可能性もある。だから今がラストチャンスだと思い決断した。この可能性がありませんか?

筆者の経験になり、確証ということではありませんが、結婚なら祝福したかったですよね!

スポンサーリンク





比花知春の作成した曲やファーストシングルの歌詞

2002.03.13 『君を忘れない』ワーナーミュージック・ジャパン
2002.11.27 『花~大切な場所~』ワーナーミュージック・ジャパン
2012.06.27 『contrast』ユニバーサルミュージック
2014.09.09 『青い空の下でずっと』
2015.07.01 『Painting Love』
2016.08.01 『Good』『Luck』2枚同時リリース
2017.03.13 15周年記念シングルリリース
2017.12.01 『Darling』初のデジタルシングル配信
引用元:比花知春公式サイト

もう戻れないと気付いて 流した涙のあと
ずっとこらえてた思いを 言えないままだったね
広い広いこの世界で 君と出会えた事は
まぼろしでも輝きでもない リアルだったね

瞳閉じてあの頃思い出す
二人過ごした幸せな日々を
時を忘れた子供のような目で
まっすぐ私だけ見ていた

夜空に輝いている星達に包まれて
そっと顔を近づけたよ 初めてのキスの味
思い出にしたくなくて 君との全てを今
抱きしめている いつの日も変わらない気持ちで

君を想えば 眠れない夜も
勇気を出して受話器を取ったり
何度も涙流したけれどでも
特別な思いをちかうよ

夢も未来も希望も 語り合ったこの海で
願い続けて入れば また君に会えるかな?
広い広いこの世界で二人の全てを今
抱きしめてる いつの日も変わらない気持ちで

引用元:j-lyric

青春時代を思い出すような歌詞ですね。比花知春さんも他にもたくさんの曲もあります。気になる人は上にあるものを検索して頂ければと思います。ちなみに私が『君を忘れない』をyoutubeで聞こうとしたら、視聴できなくっていました。ただ、利用環境によっては見れるかもしれません!



関連記事!