ドラマ

erグリーン先生脳腫瘍?!最後の別れは突然に…

泣く

どうも。

今回はerグリーン先生脳腫瘍?!最後の別れは突然に…という事で、お話していこうと思います。erグリーン先生が脳腫瘍になってしまったのか気になりますよね?そして、最後の別れは突然にやってくるものです。ということでerマークグリーンについて見ていきます!




erグリーン先生脳腫瘍!いつわかったのか?

erグリーン先生が脳腫瘍だとわかったのは、シーズン7の第7話でしたね。妻となるエリザベス・コーディと仲睦まじく仕事をしながら生活をしていた所でした。そして、第10話ではグリーン先生が脳腫瘍の手術をしています。

第7話で自覚症状が現れ、名医を頼って手術を受けるというシーズンでした。そこでの手術内容が凄いんですよね!なんと意識がある状態で脳を開くんですよ!凄いですね。これはerグリーン先生が名医の先生と相談した上でこういうやり方ですると決めました。

本当に凄いですよね!私なら麻酔を打った状態で、そのまま眠った状態で終わるまで待ちたいですw

では、その後再発もせずに妻になるエリザベス・コーディと幸せな暮らしができたのか?という事なんですけれど、手術自体は成功したんですけれど、再発してしまいました。

erグリーン先生脳腫瘍の再発!?

erグリーン先生は脳腫瘍の手術をして一旦は快方に向かっていたのですけれども、再発してしまいます。

それまでは、妻の(シーズン7の第2話でコーデイにプロポーズしました!)エリザベスがエラという子供を産んで、er内を東奔西走していて忙しく働いていた所、第7シーズンのシーズンフィナーレの22話のエレベータの中で…怪しくなってきていました…

実質的には第8シーズン第14話「運命の波間に(A Simple Twist of Fate)」で、完璧な脳腫瘍再発の兆候が表れたという事でした。

エリザベスとも結婚して、子供のエラが産まれて幸せの絶頂だったのにも関わらず、こういう事になってしまいました。脳腫瘍にかかわらず、こういう腫瘍というものは完治させるのは名医の手術をもってしても難しいんでしょうね。再発してからは思うように身体が動かなくなってきたグリーンはどういう風にして行ったのでしょうか?次を見てみましょう!

スポンサーリンク




erグリーン先生脳腫瘍?!病状悪化で…

erグリーン先生は第8シーズン第14話で再発の兆候が出て、そこから第8シーズン第18話の「空に輝くオリオン(Orion in the Sky)」で遂にグリーン先生はERを出る事になります。病状が悪化して自分の身体が思うように動かす事ができなくて、自分に対する歯がゆさが募っていたerのグリーン先生でしたけれど、ここで、残りの人生の過ごし方を考え直すようになりました。

前の妻との間に生まれた、レイチェルは反抗期でしたけれど、グリーン先生の余命が余りないという事がわかり少しずつ変わってきました。第8シーズン第21話の託す思い(On the Beach)」でERを去ってから亡くなるまでのストーリーを描いたものがあり、このストーリーから読みとれる事がわかります。

私もerのグリーン先生と同じ立場、状況だったら、同じように人生の過ごし方を考え直すでしょうね。私の親についてや、これまでに行動せずに後悔した事、やらなかった事を改めて考え直して、後悔しないような人生を歩むでしょうね。

では、次にerのグリーン先生は亡くなってしまったのでしょうか?見ていきましょう!

第8シーズン第20話「手紙(The Letter)」では、グリーンからERの人たちへ宛てた手紙が届き、それを読み上げるカーター。しかし、あわせてコーデイからの悲しい知らせが。この手紙を読み上げるカーター、微妙な変化に気づくスーザン、手紙を掲示しておいて皆が読んでいる風景など、実に練られた演出ですね。

第8シーズン第21話「託す思い(On the Beach)」は、グリーン先生特別編という趣。第18話でERを去ってから死に至るまでを追ったもの。グリーンはレイチェルの今後を心配している。でも反抗期ということもあって素直に向き合えないレイチェル。

スポンサーリンク





erグリーン先生脳腫瘍再発後の「ギャング共への手紙」

erグリーン先生が脳腫瘍の再発で、ハワイで余生を過ごしていました…という事はもう長くはないという事です。

そこで、erにハワイで過ごすグリーン先生から手紙が届きます。

カーターが「ERのギャング共へ」と記された便箋を開き読み始めます。

徐々にスタッフ達も集まり、いつものように茶化しながら読んでいたカーターの表情が変割りました。スーザンも異変を感じ、表情が変わりました。

 

ERのギャングどもへ

今は夕方の五時半、ビーチにきていてエリザべスは
隣りでジューズを飲んでいるがぼくはマイタイ一本やり。
太陽は輝きレイチェルはエラの足を波につけながら
完全な形の貝殻を探し続けている。
僕ってこんな時にバカなことを考えているんだよ。何だかわかる?
ジョギング中の男が呼吸息薄で倒れて
僕が竹べらを持って駆けつけてって手際よく挿管する。
もしこうなればこの浜辺のシーンは完璧だ。
そう思うほど君たちとの汚い仕事がとても懐かしい。
別の仕事を選べばよかった、開業すればよかったと何度思ったことだろう。
楽して儲ける方法はいくらでもあった。
確かに今愛する家族と一緒に過ごせて僕は幸せの絶頂にいる。
でも思い返すと君たちと共に日々汗した人生は最高に充実していた。
誰でも過去を懐かしがるものだと君たちは笑うだろう。
僕がいないとERはやっていけないと出来れば思いたい。
でも君たちは世界一素晴らしいドクターと看護師のグループだ。
その技術と思いやりと熱意には誰もかなわない。
急患が来れば僕がいないことなど問題じゃないだろう。
しかし、友情と仲間意識は永遠だ。
去るにあたって僕はいつも通り、振るまって厳しいことを言ったが
それは決して君たちを評価しなかったわけじゃない。
大体、僕は人を褒めることが下手な性格なんだ。
長年の付き合いで僕が君たちをどう思っているか察しがつくだろうが
でも僕は……
エラが手を振って笑っている 貝殻を見つけた…

続くエリザベスの手紙には、

今朝、逝きました。6時4分です。
マークの一番好きな陽の当たる時間に。
皆さんへの熱い思いを伝えたかったので送ります。
彼を忘れずにいてくれてありがとう…

悲しいですね…erの第1話からずっと一線を走ってきて、あの緊迫した状態のerで、時にお茶目に、時に厳しく、時に優しくしていたグリーン先生が天に召されたのですから。親友でもある。ダグも悲しんだでしょうね。私もこのシーンは凄く印象に残っています。思い出して涙が出てきました。

erグリーン先生の妻は2人?

erグリーン先生ですけれども、一度離婚している経験があります。少しご紹介します。erの初期からいたのはジェニファーという女性でした。学生時代にグリーン先生と結婚してレイチェルが生まレました。レイチェルが育ってくると法学部に復学、弁護士になります。ミルウォーキーの州判事事務所で働くという事で、グリーン先生とは別居になり、お互いにすれ違いの生活を送っているさなか、ジェニファーが同僚の弁護士と不倫関係になり、グリーン先生と離婚することになってしまいました!そこからはエリザベス・コーデイが奥さんになります!エリザベスは外科のスタッフドクターで第4シーズンから第11シーズンまでの活躍します。同じ職場のドクターロマノに好かれていたものの、グリーン先生の方になびきます。

やはり、お医者さんはモテるんでしょうね!というより、職場には女性も沢山いらっしゃいますからね!ちょっと明るい話題を盛り込みました。暗い話ばかりではいけませんからね!では次にグリーン先生に娘がいる事はお分かりになりましたよね。その娘のレイチェルグリーンについてお話していきます!

スポンサーリンク




erグリーン先生の娘?レイチェル・グリーン

erグリーン先生の娘・レイチェルは役者交代が沢山起こっています!第6シーズン第21話ではYvonne Zという役者さんが出てきて、第8シーズンからはHallee Hirshという役者さんが登場します!顔を見比べると違いがよくわかります!これについてはまた、別のページでレイチェルグリーンいついてお話していきますね!

erの番組が始まると「前回までのあらすじ」というものが流れるのですけれど、ここでわざわざ前回出ていた役者の映像を撮り直して、「前回までのあらすじ」を流しているのには驚きますね!これもあなた自身で探して頂くと面白いかもしれませんね!w

では次はerのグリーン先生の役を務めるアンソニー・エドワーズについて紹介しましょう!

erグリーン先生・アンソニーエドワーズのプロフィール

erグリーン先生のプロフィールです!

  • 本名:Anthony Charles Planck Edwards
  • 生年月日:1962年7月19日(56歳)
  • 身長:188cm
  • 出生地:カリフォルニア州サンタバーバラ
  • 国籍:アメリカ合衆国
  • 妻:ジャニーヌ・ロベル
  • 子供:4人
  • erで3500万ドル稼いだと言われる
  • erを辞めた理由:「家族との時間を大切にしたい」

12歳から劇団に参加して役者に興味を持ち、南カリフォルニア大学演劇科で学んでいます。そして、このERが元で、第55回ゴールデングローブ賞主演男優賞(テレビシリーズ・ドラマ部門)を受賞しています!

受賞するのも頷けますよね!医療現場の緊迫した状態で、しかも医療用語がバンバン飛び交うようなあの現場ですよ?!何度もerの医療シーンを見ていますけれど、全員が受賞してもいいのじゃないか?と思っているのは私だけでしょうか?w

では、まとめます

erグリーン先生脳腫瘍?!最後の別れは突然に…まとめ

erグリーン先生脳腫瘍?!最後の別れは突然に…という事でしたけれど、いかがだったでしょうか?第7シーズンから症状が現れて、第8シーズンに渡っての闘病でした。自分もグリーン先生のような状況になったら、人生について考え直すでしょうね。

少ししんみりしてしまいましたけれど、ではでは今回はここまで!

ご覧頂きありがとうございました!


関連記事!