ドラマ

erカーターの母親役は?キャストはあの人だ!

カーター母親役

どうも。うんてぃです!

今回はerカーターの母親役は?キャストはあの人だ!という事でお話ししていきます。ちょっとマイナーかもしれませんけれど、erカーターの母親役が気になった通の人のために、キャストはあの人だ!という事で詳細を書いていきますね!

スポンサーリンク




erカーターの母親役のプロフィール(夫や子供)

erカーターの母親役について書いていきますね。

  • 本名:Mary McDonnell
  • 生年月日: 1952年4月28日(65歳)
  • 星座:おうし座
  • 出生地: アメリカペンシルベニア州ウィルクスバリ
  • 身長:169cm
  • 声:佐藤しのぶ
  • ニューヨーク州立大学フレンドニア校で学び、演劇学校に通う。

すぐに活躍するというわけにはいかず、舞台を中心に20年以上活動を続けられたようです。その後、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に「拳を握って立つ女」の役で出演した時の演技が高く評価され、アカデミー賞にノミネートされます。また、二人の女性が人生の再出発を図る映画「パッションフィッシュ」でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされます。

20年とは相当長い期間下積みをされていたようですね。重鎮というイメージはありましたけれど、そこまでの下積みとは…それに20年の活動を舞台でされていて、迫真の演技力が身についたのでしょうか!?私もそれくらいの下積みに耐えて技術を身につけたいものです!

そして、メアリーさんには結婚されており、同じ俳優で、映画「エイトメン・アウト」に出演しているRandle Mellと住んでいます。また、子供はオリヴィア・メルさんと息子のマイケル・メルさんがいます。

オリヴィアさんは女優・歌手として芸能活動をされていて、親の七光りを受け継いでいるようですね!




erカーターの母親役(メアリーマクドネルの作品)

erカーターの母親役のメアリーさんの作品をつまみ食いしながら紹介していきますね!

  • 2003年 NOLA~ニューヨークの歌声~
  • 2011年 マージン・コール
  • 2011年 スクリーム4 ネクスト・ジェネレーション
  • 2001年 ER緊急救命室
  • 2008~2009年 グレイズ・アナトミー
  • 2009年~2012年 クローザー
  • 2012年 メジャークライムズ重大犯罪課
  • 2017年 ファーゴ(ゲスト出演)

2008~2009年のグレイズ・アナトミーでは心臓外科ヴァージニア・ディクソン先生という超一流の医者を演じました。アスペルガー症候群のため、なかなか相手に理解されず浮いている感じの存在でした。そういう人をからかう人が少なからずいるのが社会というものですよね。しかし、患者を助けるという事は他の医者と何ら変わりないのです!

2009年~2012年ではクローザーで、アメリカテレビ界最大のイベント、エミー賞。第63回エミー賞で、「クローザー」の演技が評価され、ゲスト女優賞を受賞している人でもあります!

erカーターの母親役メアリーマクドネルのインタビュー

erカーターの母親役のメアリーマクドネルさんが海ドラ「メジャークライムス」について以下のようにインタビューで答えていましたので、こちらもご覧下さい!

ラスティとシャロンの関係性について

「レイダーとラスティの関係は、ドラマの中でも特に美しく、興味をそそるストーリーラインね。

ラスティは『クローザー』のシリーズ終盤に登場した若者で、彼はいわゆる孤児。殺人事件を目撃し、証人保護の対象になるの。
どこの施設でもうまくやれず、行き場を失った彼を、レイダーは自分の家に住まわせることにする。そんな2人がどんな関係を織りなしていくか、ぜひ注目してほしい」

引用元:海の向こうには

 

「クローザー」のブレンダ(キーラ・セジウィック)がメジャークライムズに出る可能性について

 

 

「いつかそんなこともあるかもしれないわね。
ブレンダが登場しなければならないようなことが必ず起きるはずよ。
レイダー警部がブレンダを必要とする時が来るかもしれないし。
色々な可能性が考えられるわね。実現したら、見応えあるエピソードになると思うわ」

引用元:海の向こうには

スポンサーリンク





erカーターの母親役は?キャストはあの人だ!まとめ

erカーターの母親役は?キャストはあの人だ!という事でお話ししていきました!20年にも渡る演劇の下積みから繰り出される演技力は必見ですね!

あまり知られていないかもしれませんけれど、見る人には評価される演技をしている、メアリーマクドネルさん!65歳になりましたけれど、これからも熟成された演技でハリウッド界を支えていってもらいたいものですね!

ではでは、今日はここまで!ご覧頂きありがとうございました!


関連記事!