アフィリエイト

瀬戸内ことり先生に添削してもらいました!Part6

初心者の人は記事を書く時にどのように文章を書いたらいいのか悩みますよね。この記事は、それがわかります。また、瀬戸内ことりさんの添削を受けてみたい方、鬼の校閲のレベルが、どれくらいなのかという事もわかります。

Part5の添削の続きです。Part5の内容がわからない人はこちらの記事も読んでくださいね。

今回は初心者がプロフィールを書くときは、どのくらいの内容なら書いていいのか?という事がわかります。うんてぃが書いた文章は先生の目にどう映ったのでしょうかね?そして、いつもながら、精神論の話がきます(笑)

ではではPart6をご覧ください!




瀬戸内ことり先生の添削図(プロフィール12)

プロフィール12プロフィール12

 

精神論は最後にもってきましょう

皆さんは何度も聞いていて、耳にタコができたでしょう?繰り返しになりますが、精神論や自分の伝えたい事、核になる部分は最後に持ってきて、松岡修造さんを体内に召喚させて書き上げましょう!

注釈を入れる言葉

ここで初めてできた、注釈というワード。

Fラン大学についてです。当然のようにみんな知ってるよね!と思っていました。ふむふむ…

先生によると、一般に認知されていない言葉らしい。

基準がわかりませんね…私の予想は新聞に書いている言葉だと思います。理由は世間一般が新聞を読んでいるからと推測します。なんにせよ、最近聞くようになった言葉については軽く注釈しておくと、読者が読みやすくなりますので、ピッと注釈を入れておきましょう。




瀬戸内ことり先生の添削(プロフィール13)

今回はこんなプロフィールを書いたらダメですよ!という事で、少しお話をしましょう。

アダルティーネタを入れて読者を笑わせようとしましたが、「このくだり、要ります?」…このような指摘がきました。

そこまで、詳しく書いていません。正直な所、このレベルでもダメか…と思いました。難しいですね…

どんな人に読んでもらいたいかという事が決まっているなら、問題はないでしょう。また、メルマガで話すというのであれば、問題はないと思います。

補足として、先生の校閲は甘口から激辛まであります。事前に校閲レベルを選べます。今回は激辛でお願いしています。

瀬戸内ことり先生の添削図(プロフィール14)

自分でも書いてて違和感がありました。『本当は』と『本音』。普通の人ならこういう間違いはないと思います。読み返して違和感があれば、書き直してみて”しっくりくる”ものを選べば良いと思いますよ!

スポンサーリンク





プロフィールに書く内容はどこまでが良いのか?

私はうんてぃという人間を知ってもらうべく、全てをここまで吐き出してきました。なぜなら失うものが何もないからです。そして、中身が濃い人生を送ってきていなかったので、できるだけ自分を出してきたんです。しかし!先程のアダルティー話から立て続けに書いた、2度目のアダルティー話で…

アダルティーな内容はあんまりオススメしませんとのご指摘が!

oh…

というか、大概の人がこんな事まで書いてないと思います。私はそこに活路がある!と思ったので書いてみました。そうでもないようですね。でも、校閲をしてもらったからこそ、プロから意見を聞けたのでラッキーでした。校閲をしてもらってなかったらどうなっていたのでしょうね…

私よりブロガー歴の長い先生がおっしゃるのですから、私は「ハーイッ!」と従うだけです。(イクラちゃん風)

ま、参考までにという事で。

瀬戸内ことり先生の添削図(プロフィール15)

 

ここはほぼ精神論をここに書いてはいけないというダメ出しだけでした!

瀬戸内ことり先生の添削図(プロフィール16)

プロフィール16プロフィール16

表現方法の重複

私はこのプロフィール16で先生に質問したい事があります。

『良い経験になりました。』についてです。

これは重複という事らしいのです。プロフィール15には少し記載しているのですが、

『色々な理由で、出来ない理由を探しますよね?』という文章。

これはなんとなくわかりませんか?

色々な理由で…出来ない理由…

しかし、「良い経験になりました。」これはどこのことなんでしょうか?

多分ですが、良いと経験が重複しているのだと思います。「凄く良い」と「凄い経験」ということなんでしょうか?なんにしても簡単にすれば良いだけの話です。「凄く良かった!」というシンプルな言葉にすればいいだけです。

瀬戸内ことり添削まとめ(Part6)

 

細かい所は同じです。難読漢字や熟語の意味の取り間違え。助詞の使い方、同義語の重複、注釈などがありましたね。

今回のPartで重要だと思うところは、初心者の間違った方向性についてです。アダルティーな内容に踏み込むことはリスクが高いという事です。先生が仰ってました。ファンがついてきているならまだしも…という事です。初対面な人に、このような話をするのは…どうかな(笑)

有名所のブロガーさんや、アフィリエイターさんの記事を読んでいると、そういう話はほぼないので、初心者はそういう人をマネて、記事を書く方がよさそうです。

添削まとめ
瀬戸内ことり先生に添削してもらいました!【添削まとめ】瀬戸内ことり先生に添削してもらいました! 今回は瀬戸内ことり先生の、twitterフォロワー数700人達成キャンペーンに当選しまし...