Apple

AppleGiveBackキャンペーン開始!価格は?

Applegiveback

どうも。うんてぃです!Apple GiveBack”キャンペーンとは何かについて書いています。Apple GiveBack”キャンペーンとはAppleのオンライン上で下取りを行えるようになったシステムです。私が実際にAppleの公式を見て来ましたのでご安心ください!




Apple豪雨
Apple西日本豪雨被災者に無償修理?!神対応どうも。うんてぃです! 本日はAppleが西日本豪雨被災者に向けて無償修理をするという噂を聞き、真実なのか確かめるべく、調べてきま...
マウスカバー2
MagicMouse2を持ち運ぶ時のケース(イケてる編)どうも。うんてぃです! 前回お話したように今回は、MagicMouse2を持ち運ぶ時に扱うケースを紹介させて頂きます!女性のような...

AppleGiveBackキャンペーンとは?

Appleが行う下取りシステムです。

これまではApplestore店頭のみで行われていました。使い終わったデバイス(iPhoneや他社製スマートフォンまたはケータイ)、iPad、Macまたは他社製コンピュータ、AppleWatchなどの下取りシステムです。下取りを行った後は、ケータイの5000円、他社製は7000円~15000円、iPhoneは最大40000円のギフトカード分と変換する事ができるようです。

即金はございません。オンライン上ではAppleギフトカード、Applestoreならその場で新しいiPhone購入分に充てる事ができます!

AppleGiveBackキャンペーンはどこでどうするの?

やり方は簡単です。AppleのオンラインかApplestoreで可能です。オンライン上ではIMEI番号や、シリアル番号を入力する事で下取りの対象になるかどうかが判断されます。

動作確認(査定の基準)

やはり動作確認基準はあります。見てみましょう!

  • 電源が入るか
  • 作動するかどうか
  • ディスプレイは良好な状態か
  • 水濡れによる損傷があるか
  • デバイスのボタン(音量やホームボタンなどと思われる)
  • デバイスの外観(画面割れがあるかどうか)
  • 電源アダプタの純正の付属品があり正常に動作するか

実際の画面結果は感じの画面が出ます!

Apple交換プログラムApple交換プログラム

スポンサーリンク




AppleGiveBackメリットは

Applestoreがない都道府県の人は郵送で無料のキットが送られるので、簡単に下取りができる。離島の人や中国、四国の人はApplestoreが遠いので便利ですね!AppleギフトカードをEメールで受け取るので、Appleユーザでギフトカードを利用する人は便利ですね!

AppleGiveBackデメリットは

店頭の場合でも、現金との交換ではないので、即金という人には向かないでしょう。ただし、その差額の値段をiphoneに当てる事ができるので、買い替えをしたい人には向いているでしょう!

AppleGiveBackで私が思った疑問点

あれ?これって、オンラインで自分は動作済みということを書いたけれど、あちらで受け取った時にこれは動作しませんよ?という事が起こった場合はどうなるんでしょうか?そこは疑問ですね…修理交換の場合で有償になった場合は、Appleからメールで有償になりますけれど、交換しますか?というようなメッセージが届きます。今回もそのような手続きが行われるのでしょうか?その辺りは疑問ですね。

AppleGiveBack”キャンペーンのまとめ

これまでは店頭のみでの交換だけのようでしたけれど、このApple GiveBack”キャンペーンを利用できるようにはなりましたけれど、Appleのギフトカードの交換という事なら…よほどのAppleユーザーでない限り利用するのは…という事を思ってしまいました。

ではでは今日はここまで!ご覧頂きありがとうございました!


関連記事!