Apple

MagicMouse2の修理交換方法がわかりにくかったので調べてみた!

どうも。うんてぃです!

今回はAppleの公式見ても、MagicMouse2の交換方法がわかりにくいし、修理料金もわかりにくかったので、私がAppleにチャットしてトラブルシューティングの資料と修理交換方法を教えてもらいました。分かりやすく書いてますので参考にしてください!




Appleのチャットチームに連絡したよ!

Appleの公式サイトにアクセスして、このページから自分が今抱えている問題に当てはまるものをクリックします。

今回は修理時の料金などについてなので、テクニカル以外の問い合わせを選択します。

そして、修理ステータスに関する質問を選択した後に、電話サポートとチャットがありますので、自分の選びたい方法を選択します。今回はチャットを利用しました。

時間はこの時点で午後7時半です。なぜ私がチャットを利用したのかというと、電話だと一番だ繋がりにくい時間という事を知っているからです。但し、これは2年くらい前の話なので、現在はどれくらいかかるか分かりませんし、Appleの営業時間が以前より延びて午後9時までとなっているので、9時前が一番混むかもしれません。担当のAyakaさん、本当に長い時間対応して頂きありがとうございました。




MagicMouse2のトラブルシューティング(マウスのクリックができなくなった時)

という事で本題に入ります。MagicMouse2を利用して何度かマウスがクリックできなくてフリーズ・動かなくなる事があり、現在でも稀にあります。

送って頂いた資料はこちらですね。

内容はマウスを何度かクリックする。ダメなら一度Macのキーボードを押します。その後にMagicMouse2の電源onoffをします。これが手順のようです。

私が対処した方法は、MagicMouse2の電源onoffをして、改善がなければそのままMacの電源を切って放置して、時間が経っていたら直っていました。

これでダメなら私のように、Appleのチャットか電話サポートに依頼して対応しましょう。

その時の補足として、きちんと行った事は覚えておくかメモにとって置くと、Appleの方での対処時間が短くなります。

では次に、改善ができなくて修理をするハメになった場合について書いていきます。

MagicMouse2の修理交換方法

MagicMouse2の修理交換方法は2種類あります。ただ、ややこしいお話になるので詳しく説明していきます。 できるだけ分かりやすくしますね!

スポンサーリンク




MagicMouse2の無償修理タイプ

このタイプに当てはまるパターンを説明します。わかりやすくグラフにまとめます。あなたが当てはまるものを見てくださいね。

絶対に水濡れや破損がない場合に限ります。

限定保証 Applecareプラス加入 Applecareプラス加入なし MagicMouse2を同時購入している MagicMouse2を同時購入していない
IMac  1年以内なら無料 3年以内なら無料  限定保証のみの適用で1年以内なら無料  IMacは付属なので、傷等なければ無償。  左に同じ
Macbookpro 1年以内なら無料 付属部品なので適応されず、1年以内なら無料 1年以内なら無料 Macbookの場合はMagicMouse2は付属ではないので、限定保証の1年のみ。Applecareに入っていても、関係なしの1年以内で傷なしなら無料 Macbookの場合はMagicMouse2は付属ではないので、限定保証の1年のみ。Applecareに入っていても、関係なしの1年以内で傷なしなら無料

ここで重要なのは、Applecareプラスに加入している場合です。私はApplecareプラスに加入しています。私は今回Macbookproを購入した時にMagicMouse2を購入していません。後日、MagicMouseがないと作業がやりにくいと思い購入しました。

私はてっきり、Applecareプラスを購入しているから3年の間で無傷で水濡れがなければ、無償で交換できると思っていました。

結論、限定保証の1年しかできないという事でした。Appleの人に聞くと付属部品は全て限定保証の位置付けのようです。 Applecareプラスとは一体…

スポンサーリンク





MagicMouse2の有償修理タイプ

これは傷や水濡れがあるタイプです。こちらに関しては一律7992円です。ただし、Appleは外資の為、為替や株価の変動で料金の変動がある可能性があります。実際に、修理料金が変動している事が過去にあります。実際に修理交換する際はAppleに聞いて見る方が確実です。こちらからAppleの公式ページにいきます。

次が一番重要なパターンです。よくご覧になってください。

ぽっかぽか
ぽっかぽか
あれ?MagicMouse2って8800円(税別)だったはずでは…

差額が1000円くらいですね…という事は?新品でも良いのか??!!という結果に…

どっちがいいのかわかりませんね…

MagicMouse2の無償修理タイプが有償に!!?

私たちが交換する時は、大体の外観を見て大丈夫だろうと思って、修理交換の依頼を行いますよね。ただしその時に”大丈夫だろう”と思っていてもAppleの工場で有償の判定が出る事があるらしいのです。無償で出したつもりが有償になった時の対応方法について書いていきます。これは、Appleの他の製品にも言える事なので是非ご覧下さい!

ちなみに料金は有償になるので、7月7日現在は7992円税込です。 交換時は必ずAppleに確認して下さいね!

流れとチャット内容を載せておくほうが信憑性があるので、図を載せておきます。

MagicMouse2修理交換方法MagicMouse2修理交換方法

こういう感じでAyakaさんとチャットしてました。この図を読んで気になる所はありましたか?私はお金に敏感な人間なので、ソッコーで気づきましたよ!

有償・無償どちらであろうが、クレジットカードと代金引き換えです。そして、無償の場合はAppleの工場で確認し損傷があった場合には有償の手配となります。(有償の場合はメールもしくは電話にて別途ご連絡いたします。)という所です。無償でやったのに、Appleの工場で確認損傷が…

つまり、私達は「無償でできる🎶」と思っててもAppleで「これはお金とるで!」となる事が稀にあるようなのです。その時はメールか電話で連絡が来るようなので安心ではありますが、”なんでだろう?”と思っちゃいますよね。

その時はきっちりと対応して、キャンセルして返品してもらうか有償で交換するかきちんと応対しましょう。このブログを見ていればそのような疑問を抱く事もないでしょうけれどね。(受信できるメールアドレスと受信できる電話は必須!

という事で今回の記事をまとめます。

スポンサーリンク





MagicMouse2の修理交換方法のまとめ

手短にまとめます。

  • 有償時は代引きかクレジットカードで7992円がかかる。
  • 無償時は代引きかクレジットカードで保証内容によっては無料。ただし、時には有償になる事もあるので、7992円を支払うかもしれないという心構えをしておく。

めちゃくちゃシンプルなまとめになりました。

ただし、有償時の項目にサラッと書きましたけれど、差額が1000円弱!!!これを考えると悩む所ですね。仮に今後MagicMouse3が出て、現在のiphone8やiphoneXのように何か物を置いて充電できるようになる可能性があれば、交換する必要はないと思います。そういった可能性がゼロ%であれば交換していいでしょうね。あなたのお小遣いが1000円でも浮くと考えたら何に当てる事ができるでしょうね!

ではではここまでご覧頂きありがとうございました!



関連記事!